書評

破綻寸前の仕事と家庭を描く高杉作品が読み継がれる理由

文: 高成田享 (コラムニスト)

『管理職降格』(高杉 良著)

『管理職降格』(高杉 良 著)

 女子中学生の万引き事件からはじまるこの小説の主人公、津川直二郎は、銀座の名門デパートで外商課長を務めるエリートサラリーマンである。時代は一九八〇年代の半ば、日本の商業の中心地ともいえる銀座圏に、大手デパートが次々と参入してきた。このため、主人公は大口の法人顧客を競争相手に奪われそうになり、上司からは左遷を意味する「選手交代」をちらつかされる。万引きしたのは主人公の娘で、家庭における「父の不在」への抗議のようだ。キャリアウーマンの妻には、「夫の不在」を見透かしたように、高校の同級生だったプレーボーイの歯科医が誘惑の手を伸ばしている。

 まさに、管理職降格と家庭崩壊の危機に直面する主人公は、どうするのか、どうなるのか。この小説を読み始めた読者は、その先が気になって、夜行便の乗客のように目を赤くしたレッドアイで出社するか、降車駅を見落として遅刻するかの危機に直面したに違いない。

 エンターテインメントとして第一級のこの物語は、三十数年前、現在進行形の銀座デパート戦争を題材にしながら発表された。この作品で、作者が投げかけたテーマは、時の流れとともに消えるどころか、日本企業のあり方、そこで働く人たちの働き方への問題提起として、重みをまして、現在の私たちに迫ってくるものがある。その意味で時代を超える現代小説ということになる。

管理職降格高杉 良

定価:本体850円+税発売日:2019年01月04日


 こちらもおすすめ
書評こんなカッコいい男はいない!――逆境に負けないために読むべき本(あとがき)(2018.06.22)
書評なぜ辞令はかくも不条理なのか――「組織と人間」を見つめる人事小説の傑作(2017.11.30)
書評虚実超えたリアリティー 経済小説の地平拓く(2017.03.10)