本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
人の話を聞かない、嘘をつく、謝らない、見栄を張る……「困った人々」が一線を超えた時

人の話を聞かない、嘘をつく、謝らない、見栄を張る……「困った人々」が一線を超えた時

文:大矢博子

大矢博子が『昨日がなければ明日もない』(宮部みゆき 著)を読む

出典 : #週刊文春
ジャンル : #エンタメ・ミステリ

『昨日がなければ明日もない』(宮部みゆき 著)

困った人々が一線を超えると……

 人の話を聞かない、嘘をつく、謝らない、見栄を張る、人のせいにして攻撃する、他者の事情や気持ちを想像できない……。読者が「こういう人いるいる。知ってる」と思ってしまうほどリアルでおなじみの困った人々。それが一線を超えると、人を傷つけて喜ぶ悪意になり、人を蝕む毒になる。おなじみだからこそ杉村三郎の眼を通して描かれる家族の問題は、そのまま社会の姿となり、読者の物語となるのだ。

 宮部みゆきはそんな毒や悪意を解消する方法ではなく、それらに対処しきれずに傷つく側の姿を描いた。毒は、悪意は、存在する。なくせない。そんな世の中でも正しくありたいと願う側の姿を描いた。救えずとも寄り添う探偵を描いた。

 これは本シリーズすべてに通じるテーマである。

 毒や悪意と向き合うのはきつい。毒に毒されず、悪意に倒されずにいるにはどうすればいいのか。心優しき探偵が一緒に考えてくれる。そんな物語である。


みやべみゆき/1960年、東京都生まれ。87年に「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。99年『理由』で直木賞、2007年『名もなき毒』で吉川英治文学賞を受賞。

おおやひろこ/書評家。1964年、大分県生まれ。著書に『歴史・時代小説 縦横無尽の読みくらべガイド』などがある。

こちらの記事が掲載されている週刊文春 2019年1月17日号

2019年1月17日号 / 1月10日発売 / 定価420円(本体389円)
詳しくはこちら>>

単行本
昨日がなければ明日もない
宮部みゆき

定価:1,815円(税込)発売日:2018年11月30日

文春文庫
誰か Somebody
宮部みゆき

定価:836円(税込)発売日:2007年12月06日

文春文庫
名もなき毒
宮部みゆき

定価:1,012円(税込)発売日:2011年12月06日

文春文庫
ペテロの葬列 上
宮部みゆき

定価:803円(税込)発売日:2016年04月08日

文春文庫
ペテロの葬列 下
宮部みゆき

定価:836円(税込)発売日:2016年04月08日

文春文庫
希望荘
宮部みゆき

定価:1,012円(税込)発売日:2018年11月09日

プレゼント
  • 『水木しげるロード 全妖怪図鑑』

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2022/9/20~2022/9/27
    賞品 『水木しげるロード 全妖怪図鑑』 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る