発売情報

英EU離脱、北方領土...激動する近年の世界。その変化の本質を、池上彰がまとめて解説『速すぎるニュースをゆっくり解説します』ほか

「英EU離脱、北方領土...激動する近年の世界。その変化の本質を、池上彰がまとめて解説『速すぎるニュースをゆっくり解説します』ほか」をはてなブックマークに追加

文春文庫 3月のラインナップ

発売日のリンクをクリックするとGoogleカレンダーの登録画面が表示されます

  • タイトル 速すぎるニュースをゆっくり解説します
    著者名 池上彰
    発売日 2019/03/08
    作品紹介 就活、そして2020年型入試に必須の「考える力」を!
    慌ただしい日々のニュースの塵を払ってゆっくり解説しなければ、世界の変化の本質は見えません。ここ数年の情報がわかるお得な一冊!
  • タイトル ローマへ行こう
    著者名 阿刀田高
    発売日 2019/03/08
    作品紹介 思い出に生きてみたいことがありませんか?
    忘れえぬ記憶の中で、男は、そして女も、生きたい時がある。あれは夢だったのだろうか。大切な人々に思いを馳せる珠玉の短篇集。
  • タイトル ゲバラ漂流
    著者名 海堂尊
    発売日 2019/03/08
    作品紹介 三ヶ月連続刊行、キューバ革命の英雄シリーズ第二弾!
    南米縦断旅行から母国アルゼンチンに戻り医師となったゲバラは、さらにカリブ諸国を巡り、アメリカに蹂躙される国々を目の当たりに。
  • タイトル 落日の轍
    著者名 高杉良
    発売日 2019/03/08
    作品紹介 日産自動車の〝病巣〟に切り込む記録小説、緊急復刊!
    かつて日産に君臨した“天皇”塩路一郎。自動車労連会長にして、社長人事をも左右した男の正体に迫り、同社の企業体質を炙り出す。
  • タイトル 亡国スパイ秘録
    著者名 佐々淳行
    発売日 2019/03/08
    作品紹介 最後の告発! スパイを知らない国家は亡びる――
    日本の危機管理を創った著者が「佐々メモ」から語るスパイ捜査秘録。ゾルゲ事件から瀬島龍三まで、自身が受けたFBI諜報訓練も!
  • タイトル 花芒ノ海
    著者名 佐伯泰英
    発売日 2019/03/08
    作品紹介 磐音は陰謀の黒幕をたおせるか!?
    深川の夏祭りをめぐる親分同士の諍いに巻き込まれる磐音。国許の豊後関前藩からは、邪悪な陰謀の存在と、父の窮地が報されて……。
  • タイトル 寒雷ノ坂
    著者名 佐伯泰英
    発売日 2019/03/08
    作品紹介 関前藩を出奔した磐音に迫る影とは?
    江戸・深川の長屋に住み、鰻割きと用心棒稼業で糊口を凌ぐ浪人坂崎磐音は、関前藩勘定方の上野伊織と再会、藩を揺るがす秘密を知る。
  • タイトル 黒面の狐
    著者名 三津田信三
    発売日 2019/03/08
    作品紹介 戦争と炭鉱の闇、連続怪死事件に素人探偵が挑む
    敗戦に志を折られた青年・物理波矢多は相次ぐ変死体と〝狐面の女〟の謎を解けるのか。ホラーミステリーの旗手による新シリーズ開幕!
  • タイトル 冬の光
    著者名 篠田節子
    発売日 2019/03/08
    作品紹介 四国遍路の後で消えた父を描く傑作長編
    四国遍路の帰路、冬の海に消えた父。家庭人として企業人として恵まれた人生ではなかったのか……人生の深遠が胸に迫る傑作長編。
  • タイトル 繭と絆
    著者名 植松三十里
    発売日 2019/03/08
    作品紹介 世界遺産・富岡製糸場の誕生秘話
    日本で最初の近代工場の誕生には、彰義隊の負け戦が関わっていた。明治を支えた富岡には隠された幕軍側の哀しい事情があった。
  • タイトル 「つなみ」の子どもたち
    著者名 森健
    発売日 2019/03/08
    作品紹介 平成最大の災害を生き延びた子どもたちは今――
    感動の作文集『つなみ』から生まれた家族の喪失と再生。子どもたちは「書くこと」で別れをどう乗り越えたのか。大宅賞受賞作。
  • タイトル 幽霊心理学
    著者名 赤川次郎
    発売日 2019/03/08
    作品紹介 「殺人」も「凶器」も今日は忘れるはずだったのに……
    宇野警部と恋人の女子大生・夕子がレストランで食事をしていると、一家皆殺しの犯人がすぐそばの席に! 名コンビが活躍する全五篇。
  • タイトル 死んでいない者
    著者名 滝口悠生
    発売日 2019/03/08
    作品紹介 通夜が奇跡の一夜に。芥川賞受賞作
    大往生を遂げた男の通夜に集まった一族約三十人。親族らの記憶の中から永遠の時間が立ちあがる。芥川賞受賞作に加え「夜曲」を収録。
  • タイトル 福を呼ぶ賊
    著者名 鳥羽亮
    発売日 2019/03/08
    作品紹介 盗まれた店に幸運を呼び込む!
    金蔵の金のほんの一部を盗み招き猫の絵を貼っていく福猫小僧。被害にあった店はその後繁盛するというが、ある日殺しのあった店が…。
  • タイトル ありきたりの痛み
    著者名 東山彰良
    発売日 2019/03/08
    作品紹介 直木賞作家の魂の叫びが、ここにある
    直木賞で全選考委員に絶賛された『流』の著者が、愛する映画と音楽のこと、テキーラ、そして台湾の原風景について綴ったエッセイ集。
  • タイトル 割れた誇り
    著者名 堂場瞬一
    発売日 2019/03/08
    作品紹介 〝事件を呼ぶ〟ベテラン刑事・岩倉剛のシリーズ第二弾、早くも登場!
    女子大生殺しの容疑者が裁判で無罪となり自宅に戻ったが、近所は不穏な空気に。警察が警戒をしている中、また殺人事件が起きる――。
  • タイトル バベル
    著者名 福田和代
    発売日 2019/03/08
    作品紹介 新型ウイルスの出現によって、日本中がパニックに――
    近未来の日本。原因不明の新型ウイルス・バベルは、人々を恐怖に陥れた。立ち向かう術はあるのか? 緊迫のバイオクライシスノベル!
  • タイトル 逆転の大中国史
    著者名 楊海英
    発売日 2019/03/08
    作品紹介 中国の歴史を諸民族の視点から描きなおす
    漢民族の中国、は幻想だ。ユーラシアの多彩な民族が入り乱れ文化を発展させてきた歴史を、南モンゴル出身の著者が鮮やかに描き出す。
  • タイトル 下衆の極み
    著者名 林真理子
    発売日 2019/03/08
    作品紹介 週刊文春連載エッセイ第三十弾!
    大河ドラマ「西郷どん」の原作者として作家活動も新境地に。ゲス不倫から母親の介護まで、大騒ぎの世の中を揺るがぬ視点で見つめる。
  • タイトル ホーホケキョ となりの山田くん
    著者名 いしいひさいち 高畑勲
    発売日 2019/03/08
    作品紹介 人気四コマ漫画のアニメ映画化作品
    いしいひさいちの新聞連載の四コマ漫画を高畑勲監督が映画化。デジタル彩色による美しい全シーン・全セリフを収録したコミック。