本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
今村夏子「的になった七未(なみ)」芥川賞受賞第一作

今村夏子「的になった七未(なみ)」芥川賞受賞第一作

今村夏子

文學界1月号

出典 : #文學界

「文學界 1月号」(文藝春秋 編)

 そこから先は、まるで流れ作業みたいに淡々と進んでいった。

 園長が、わかったか、わかったか、と言いながら、横一列に並んだ子供たちに向かって、次々とどんぐりを投げつけていく。どんぐりの当たった子から順番に、ふえ~んと泣きだす。泣きだした子から、マキ先生の所へ助けを求めに駆け寄っていく。マキ先生は泣いている子の涙をハンカチで優しく拭いてやり、よしよしと頭を二回なでてから、園舎のほうへ背中をそうっと押してやる。「もう大丈夫だから、ね。教室でおりこうにしてなさい」。そうして、子供たちは、一人、また一人、と園庭からいなくなった。

 七未は最後まで園庭に残った。園長の投げたどんぐりが、七未にだけ、なかなか命中しなかったからだ。

「おい、よけるな」

 次第にいらいらとしてきた園長が、怖い顔で言った。

「待て、逃げるな」

 あまりの恐怖に七未はその場に立っていられなくなり、ついに駆けだしてしまった。

「こら、待てったら!」

 気づけば七未と園長は二人で園庭を走り回っていた。どんぐりの詰まったバケツを手にした園長が、どこまでもどこまでも追いかけてくる。

「待てっ。くそっ」

 何十個ものどんぐりが、七未に向かって投げつけられた。投げられたどんぐりは、すべて七未の頭上や体の横を通過して、動物たちの小屋の壁や遊具に当たって跳ね返った。次第に園長は、待てと言わなくなった。その辺に落ちているどんぐりを拾っては七未に向かって無言で投げ続けた。

 いつ終わるとも知れないどんぐり攻撃から逃げ回っているその最中、七未は、ふと自分の名前が呼ばれたのを耳にした。「ナナちゃん」と、その声は上のほうから聴こえてきた。

文學界 1月号

2020年1月号 / 12月7日発売
詳しくはこちら>>

プレゼント
  • 『望月の烏』阿部智里・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/2/29~2024/3/7
    賞品 『望月の烏』阿部智里・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る