特集

戯曲 変半身(かわりみ)

文: 松井 周

文學界1月号

「文學界 1月号」(文藝春秋 編)

高城 秀明(男)…自警団のリーダー。「山のもん」。

高城 宗男(男)…秀明の弟。「知らんもん」として発見される。

尾形 圭一(男)…「海のもん」ではあるが、秀明の義父のため、「山のもん」とも付き合いはある。リゾートホテル経営者。

尾形 祐美(女)…圭一の娘。秀明の妻。

田部 草太(男)…自警団のメンバー。秀明の後輩。母親とともに、アジアの某国から千久世(ちくせ)島に亡命してきた。レアゲノムを発掘する技能実習生たちとも通じている。

比留間 ルイ(女)…自警団事務所で事務のバイトをしている。

丸和 玲香(女)…ゲノムパッチという製薬会社研究所社員。


(0) 始まり

 

 男、登場。

 

男    (緊張気味に)では、始めます。WB40832のポーポーです。こちらが私のポートフォリオです。創作過程を神話スタイルでお伝えします。

 

 男、液体の入ったカプセルを見せる。

 

男    タイトルは『クニウミ』。よろしくお願いします。

遠い昔。まだ人が生まれる前のこと。

世界は一つの玉でした。

ひとりぼっちだったのです。

そして、闇の王ダーダーに五兆四千億回、

殺されては再び玉として蘇ります。

五兆四千億一回目で、玉は「誰か私を見つけて」と光を求めました。

すると、光の中からポーポーの神様が現れました。

ポーポーの神様は三本の角が生えていて、人間の姿をしています。

「お前を知っているよ」神様はそう言いました。

喋れなかった玉は言葉を欲しがります。

神様は指で玉を突き刺します。そして口ができました。

喋れるようになった玉は、

今度はその口でポーポーの神様を食べ始めます。

するとどうでしょう。神様と同じような形になっていったのです。

目と鼻が、頭と胴体と手足ができてきます。

そして、下半身にとんがった部分とくぼんだ部分ができあがります。

ポーポー様は男女が一緒になった形をしていたのです。


inseparable「変半身(かわりみ)」
2019年11月29日~12月11日 東京芸術劇場 シアターイースト
2019年12月14日~12月15日 三重県文化会館 小ホール
2019年12月18日~12月19日 ロームシアター京都 ノースホール
2019年12月21日~12月22日 神戸文化ホール 中ホール舞台上

原案 村田沙耶香 松井周
脚本・演出 松井周
出演 金子岳憲 三村和敬 大鶴美仁音 日髙啓介 能島瑞穂 王宏元 / 安蘭けい

inseparableは、村田沙耶香(小説家)と松井周(劇作家・演出家・俳優)が台湾、日本の島での取材と創作合宿を基に、共同で原案を開発し、小説と舞台をそれぞれに発表するプロジェクトです。
小説版『変半身』(村田沙耶香著)は筑摩書房より発売されています。

文學界 1月号

2020年1月号 / 12月7日発売
詳しくはこちら>>


 こちらもおすすめ
特集今村夏子「的になった七未(なみ)」芥川賞受賞第一作(2019.12.31)
特集書店「フルハウス」店長 柳美里 現実がつらいとき、本は「魂の避難所」になる<特集 文學界書店>(2019.12.25)
書評古倉さんと一緒に海外へ何度も旅をした。たくさんの奇跡をくれた『コンビニ人間』(2019.08.26)
コラム・エッセイもがき、苦しんでいた5年前のわたし。「自意識過剰で馬鹿だなあ」と笑って下さい(2018.12.21)