本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
火災焼失した首里城で松本清張賞作家が考えたこと(1)

火災焼失した首里城で松本清張賞作家が考えたこと(1)

滝沢 志郎


ジャンル : #歴史・時代小説

番外・滝沢さんの撮った沖縄本島取材風景

 トークショー後も沖縄に残り、取材のため125ccバイク(!?)で沖縄本島南部を巡ったという滝沢志郎さん。「場所はすべて本島南部です。あえて具体的に言わないほうが撮影場所を特定する楽しみがあって面白いかも」とメッセージをいただきました。

  また12月17日発売の「小説すばる」1月号にて、琉球王国を扱った短篇「江戸の琉風」の掲載が予定されているそうです!

文春文庫
明治乙女物語
滝沢志郎

定価:880円(税込)発売日:2019年06月06日

単行本
明治銀座異変
滝沢志郎

定価:1,870円(税込)発売日:2018年09月14日

プレゼント
  • 『神域』真山仁・著 

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2022/10/5~2022/10/12
    賞品 『神域』真山仁・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る