インタビューほか

『万葉集』から選りすぐった百首が、美しい英語の詩になりました。

ピーター・J・マクミラン

『英語で味わう万葉集』(ピーター・J・マクミラン 著)

『英語で味わう万葉集』(ピーター・J・マクミラン 著)

 私が『万葉集』の英訳に着手したのは令和元年の八月十五日のことだった。この日は日本では第二次世界大戦の終戦の日とされている。そして、最初の草稿が完成したのは今上天皇の即位礼の日だった。

 この仕事に取り組んでいる間、私は常に、第二次世界大戦と新しい令和の時代について思いを巡らせていた。今年の八月はとても暑かったので、お盆休みには山中湖に滞在していたのだが、ちょうど台風による暴風雨に見舞われてしまった。ようやく雨が止み、これでもう大丈夫と思ったのも束の間、再び嵐が起こり、激しい雨が窓に打ち付けてきた。ほとんど外出することもできなかったのだが、雨続きだったおかげで涼しくて過ごしやすく、集中して仕事に取り組むことができた。夜、近くの温泉に行くと、そこは夏合宿で山中湖を訪れた大学生たちであふれていた。彼らはふざけてじゃれ合い、楽しそうに笑い、おしゃべりに興じていた。彼らと言葉をかわしながら、私は日本という国について、そして終戦記念日と『万葉集』の関係について、考え始めていた。彼ら若い日本人たちにとって、また新しい時代の日本にとって、『万葉集』はどのような意味を持つのだろうか、と。

英語で味わう万葉集ピーター・J・マクミラン

定価:本体850円+税発売日:2019年12月18日


 こちらもおすすめ
特集対談 突き詰める現代詩、触発される歌詞<特集 ことばは今どこにあるか?>(2019.12.17)
インタビューほか歌人・服部真里子インタビュー 短歌にしか築けない世界を作りたい(2018.11.02)
インタビューほか<俵 万智インタビュー> 恋は、いつ始まるのだろうか──(2018.09.29)
インタビューほか歌人とイラストの奇跡のコラボ『にょにょにょっ記』文庫化記念 穂村弘 × 名久井直子(2018.09.20)
書評作家としての全存在をかけて読み解く  日本最古の古典(2015.06.01)