インタビューほか

常盤貴子 藤沢周平の『帰郷』に 魅せられて

「オール讀物」編集部

特別インタビュー

常盤貴子 藤沢周平の『帰郷』に 魅せられて

 藤沢周平原作のオリジナル時代劇『帰郷』(時代劇専門チャンネル制作/仲代達矢主演)に出演の女優・常盤貴子がその見どころを語る――


 最初にこの『帰郷』という作品のお話をいただいた時は、脚本がまだ仕上がっていない段階だったので、まず先に文庫本を買って読ませていただきました。普段から時代小説はよく読みますが、なかでも藤沢周平先生の作品は何年かおきに必ず読みたくなります。決してハッピーなものばかりではないですけれど、私にとってはそういうところも好ましいというか、藤沢先生の書かれたものには、自分の中にきちんと入れておきたい何かがあるような気がしています。だからこそ、主人公の宇之吉を演じた仲代達矢さんも、ずっと『帰郷』をやってみたいと考えていらしたんじゃないでしょうか。

 かつて信州・木曾福島を縄張りにしていた博奕打ちの宇之吉は、親分の罪を被って江戸へ逃れる。しかしある深い事情から江戸を出奔することとなり、以来三十余年。病に倒れた宇之吉はようやく帰ってきた故郷で、いったい何を見たのか―昭和四十七年「オール讀物」十二月号に掲載された、藤沢周平の短篇「帰郷」(文春文庫『又蔵の火』所収)は、初期の代表的傑作として読み継がれてきた。

『切腹』『影武者』『乱』など日本を代表する名優・仲代達矢も本作を敬愛するひとり。「いつか宇之吉を演りたい」という長年の想いが、時代劇専門チャンネルの制作により遂に実現した。仲代はもちろん、三田佳子、橋爪功、中村敦夫といった大ベテランらも出演する豪華キャストの中、常盤が演じるのは、宇之吉のかつての恋人・お秋(前田亜季)の一人娘。父親の顔を知らずに育ち、母はその帰りを待ち続けて死んだ。さらに恋人の源太(緒形直人)は、九蔵(中村敦夫)一味に追われ姿を眩ましている。

又蔵の火 藤沢周平

定価:本体620円+税発売日:2006年04月07日


 こちらもおすすめ
書評時にアスリートとして、時にアーティストとして、時にアルチザンとして(2017.09.26)
書評いつもの“藤沢周平”と違う、文体と骨組。ハードボイルド調の傑作犯罪小説(2018.05.25)
書評もう一つの自分の人生のように味わう稀に見る完璧な“青春小説”(2017.01.17)
書評革命の奔流に巻かれた「孤士」清河八郎――藤沢周平による最長の評伝小説(2016.03.20)