特集

げいさい 短期集中連載 第一回

文: 会田 誠

文學界3月号

「文學界 3月号」(文藝春秋 編)

1

 美術家として僕のキャリアなんてまだまだ大したことないのだが、それでも時々雑誌なんかからインタビューを受けることはある。そのつど、どういう経緯で美術家になったか、通りいっぺんのことは答えている。波乱万丈の面白い話も取りたててできないが、美術家というだけで世間からすれば珍しい存在なのか、そういう話にもそれなりの需要はあるようだ。

 ただし本人としては、毎回悔いのような、フラストレーションのような、微妙な感覚が残る。『また言い足りなかった……うまく伝えられなかった……それも根本的なところが何一つ!』と。しかしその〈根本的なところ〉を伝えようとしたら、どれほどの言葉の量が必要になってくるのか。あるいはどのような言葉の質が必要になってくるのか……。

 そんなことをあれこれ考えていて、『よし、ここは一つ、小説のようなスタイルで書いてみようじゃないか』と思い立った。〈てにをは〉も怪しい絵描き風情には無謀な試みだが、そのスタイルでないと伝えられないことがあるのだ――たぶん。

文學界 3月号

2020年3月号 / 2月7日発売
詳しくはこちら>>


 こちらもおすすめ
特集日本蒙昧前史(2020.02.18)
特集光の状況(2020.03.03)
特集実験としての批評──村上春樹、中上健次、柄谷行人 <講演 「近代文学の終り」再考>(2020.02.25)
インタビューほかバカ田大学卒業生・みうらじゅん×久住昌之が語る、赤塚不二夫さん(前編)(2016.07.14)