インタビューほか

三國連太郎が恐れていた晩年

宇都宮 直子

『三國連太郎、彷徨う魂へ』(宇都宮 直子)

『三國連太郎、彷徨う魂へ』(宇都宮 直子)

 三國連太郎さんと出会ったのは、三十年くらい前だ。その頃、私は仕事を始めたばかりだった。人生でいちばん幸せだった頃かもしれない。気力に満ちていたし、健やかだった。

 ある日、私は都内の撮影所にいた。広くて暗い、倉庫のようなところだ。そこで、三國さんと会った。正確に言えば、見かけた。三國さんは大スターで、とても駆け出しのライターが近づける存在ではなかった。

 親しくなったきっかけは、三國夫人だ。隅で、メモを取る私に声を掛けてくれたのである。

「あなた、よく来ているけれど、何しに来ているの?」

 夫人は気さくな人で、まるで旧知の間柄のような雰囲気で話をした。彼女がもし、そういう人でなかったら、私が三國さんと知り合うことはなかっただろう。

三國連太郎、彷徨う魂へ宇都宮直子

定価:本体1,600円+税発売日:2020年04月08日


 こちらもおすすめ
文春写真館「演技の鬼」の背景にあった壮絶な生い立ち 三國連太郎(2013.06.17)