インタビューほか

在位50年、子どもは50人以上! 泰平の世のはまり役“遊王 徳川家斉”

『遊王 徳川家斉』(岡崎 守恭)

『遊王 徳川家斉』(岡崎 守恭)

はじめに 家斉のススメ

 二百六十年に及ぶ徳川幕府。十五人の将軍が出た。当然のことながらまず思い浮かぶのは最初の家康、そして最後の慶喜だろうか。

 次はと言われると、参勤交代などのいろいろな制度を確立した三代の家光、中興の祖と言われた八代の吉宗。もう一人となると、ウーンとうなって「犬将軍」で知られる五代の綱吉あたりの名前が挙がりそうだ。

 十一代の家斉は多くの方の記憶の中ではその次くらいに出てくるかどうか。側室を山のように抱え、子供が五十人以上もいて、オットセイ将軍とか、種馬公方と揶揄されていたと聞いて、何となく思い出すといった程度の存在かも知れない。

 映画やテレビドラマ、特に「大奥」が題名につく作品にはしばしば登場する。しかし将軍なのに常に脇役で、主役になっているものはないと言っていい。「暴れん坊将軍」などとは大違いで、きちんとした人物伝や評伝などもほとんど見当たらない。

 だが家斉は五十年というとんでもない長い期間、将軍の座にあった。これは第二位で二十九年の吉宗をはるかにしのいでいるばかりか、室町時代や鎌倉時代の将軍を含めても圧倒的な第一位である。

 征夷大将軍を辞めてから最高位の官職である太政大臣の栄誉を得た人物はいるが、現職の征夷大将軍のまま太政大臣にまで昇りつめて二つの職を兼任したのも歴史上、家斉だけだ。

遊王 徳川家斉岡崎守恭

定価:本体850円+税発売日:2020年05月20日


 こちらもおすすめ
インタビューほか「馬」の伝来が歴史を変えた!(2020.01.28)
インタビューほかいかにして「京都」は、生まれたのか(2020.03.31)
インタビューほか実力より人柄と家柄。こんな人事がなぜまかり通る!?(2019.11.20)