本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
時代小説、これが2020年の収穫だ! Part1 縄田一男・選

時代小説、これが2020年の収穫だ! Part1 縄田一男・選

文:縄田 一男

当代きっての目利きが選んだ、絶対読むべき令和二年のベスト10

出典 : #オール讀物
ジャンル : #歴史・時代小説

縄田一男の収穫 十冊

『大名倒産(上下)』(浅田次郎/文藝春秋)
『漣のゆくえ』(梶よう子/徳間書店)
『囚われの山』(伊東潤/中央公論新社)
『女だてら』(諸田玲子/KADOKAWA)
『風神雷神』(原田マハ/PHP研究所)
『絵ことば又兵衛』(谷津矢車/文藝春秋)
『商う狼 江戸商人 杉本茂十郎』(永井紗耶子/新潮社)
『フラウの戦争論』(霧島兵庫/新潮社)
『Cocoon(3~5巻)』(夏原エヰジ/講談社)
『太平洋食堂』(柳広司/小学館)
※文章登場順

縄田一男氏

【次ページ コロナ渦のいまだから現代と通じる小説を】

本屋が選ぶ時代小説大賞2011〜2020
オール讀物編集部

発売日:2020年12月22日

大名倒産 上
浅田次郎

定価:1,760円(税込)発売日:2019年12月06日

大名倒産 下
浅田次郎

定価:1,760円(税込)発売日:2019年12月06日

絵ことば又兵衛
谷津矢車

定価:1,925円(税込)発売日:2020年09月30日

ページの先頭へ戻る