本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
「偉人でも故人でもないのに…」現役俳優の半生がドラマにも漫画にもなったワケ

「偉人でも故人でもないのに…」現役俳優の半生がドラマにも漫画にもなったワケ

俳優・松尾諭さんインタビュー<後編>


ジャンル : #随筆・エッセイ ,#コミック・コミックエッセイ

チケットを拾ったこと以外は、誰にでも起こりうる「普遍的な物語」

――ドラマも楽しみにしています! 今後また何か書きたいものはありますか?

松尾 今、まさに血反吐を吐きながら新作を書いています。『拾われた男』を書き終わった後も「もう二度と書きたくない!」と思ってたのに、また書いてるんですよね。

 役者って、演技の勉強だけだと不十分な気がしていて。例えば声をよくしたり、体が動くようにしたりするのは役者として大事だけど、内面を鍛えるには色々なことに挑戦していくしかないのかな、と。だから「続きを書きますか?」と聞かれた時にすぐ断ってしまうと、役者としての成長をそこでストップすることになるのかも……そう思って、新作を書いているんです。

©文藝春秋

 柔軟に生きていたら演技にも説得力が出ると思うし、頑張ってたらいつか僕もアベンジャーズの一員くらいになれるんちゃうかな、という気持ちでやっています(笑)。

――2冊目はどんな内容なんでしょうか?

松尾 ラブストーリーです。『拾われた男』のスピンオフみたいな要素もありますが、より物語っぽい感じにしています。前作と違ってゼロからエピソードを作り上げている部分もあるので、ちょっと大変ですね。

――奥さんとの恋愛ですか?

松尾 いや、違うんです。これ以上は言えません(笑)。

――最後に原作であれコミックであれドラマであれ、読者・視聴者の皆さんに一言メッセージはありますか?

松尾 偶々拾ったチケットの落とし主が芸能事務所の社長だった……という出来事は運が良かったと思うのですが、他の部分は誰の身にも起こりうる、普遍的な物語だと思います。ただ芸能界で仕事をしてるだけで、僕自身はいたって普通の、泥の中で泳いでるような人間です。ご自身の体験になぞらえつつ読んでもらえると、物語がより膨らんでいく感じがして、嬉しいですね。

――松尾さん、ありがとうございました。


(写真:今井知佑)

文春文庫
拾われた男
松尾諭

定価:869円(税込)発売日:2022年06月07日

単行本
拾われた男 上
松尾諭 勝田文

定価:880円(税込)発売日:2022年06月09日

プレゼント
  • 『宗教を学べば経営がわかる』池上彰 入山章栄・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/7/19~2024/7/26
    賞品 『宗教を学べば経営がわかる』池上彰 入山章栄・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る