本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
ガッとふすまが開いて、ボスグループのひとりが吐き捨てるように…中川翔子を苦しめた“理不尽すぎる”いじめ体験

ガッとふすまが開いて、ボスグループのひとりが吐き捨てるように…中川翔子を苦しめた“理不尽すぎる”いじめ体験

中川 翔子

『「死ぬんじゃねーぞ!!」 いじめられている君はゼッタイ悪くない』より#1

出典 : #文春文庫
ジャンル : #ノンフィクション

 

「高カースト」の1軍は、メジャー系・不良系・運動部の子たちや、にぎやかで自己主張が強く、おしゃれな雰囲気だったり、かわいい子たちが属します。スポーツが得意、親が影響力を持っている子なども1軍に入るといいます。

 2軍、いわゆる「中カースト」はおとなしい優等生タイプの子たちです。無難に立ち回れているからこその、安定できる一番羨ましい場所だったなぁと思っていました。

 下の3軍「低カースト」はオタク気質や、運動音痴、ぼっち、ちょっと変わった不思議ちゃんなどです。とはいえ、実際にはもっと複雑に入り組んでいます。1軍でも仲間割れが起こったり、いつハブにされたりするかわからないし、3軍の下にはさらにカースト外があったりするのです。わたしは3軍にまで落ちました。

 いじめのターゲットになるのは、3軍以下「低カースト」の子たちです。

©iStock.com

 一度「身分」が決まってしまうと、もうそこから上がることは難しいです。

 おそろしい無言の圧力と目に見えない序列がクラスを支配してしまうのです。

 兄や姉がいて、入学してすぐの最初の時期が大事なんだという情報を得られていたら、うまく対処できたのかもしれません。でも、わたしは1人っ子だったので、その空気をすぐに読みとることができませんでした。

 中学になりガラリと空気感の変わったクラスでは、ちょっとしたことを理由にハブにされて、そしてそれが積み重なって、あっという間に低カーストへ転がり落ちていきました。

「キモい子」というレッテル

 わたしが中学に入学したころはプリクラ全盛の時代。誰もが友だちとプリクラを撮っては、プリクラ帳にあふれんばかりに貼りつけて、お互いに見せ合っていました。

 けれど、わたしはプリクラ帳を持っていなかったのです。

 それは中学に入ってすぐの致命的なミスになってしまいました。

 入学して席が割り振られ、これからの中学生活にドキドキ期待に満ちた最初の時期。

 となりの席になった大人っぽい子から、「プリクラ帳見せて~」と話しかけられます。わたしが、「持ってないの」と答えると、「えっ、じゃああした絶対持ってきてね!」と言われました。

文春文庫
「死ぬんじゃねーぞ!!」
いじめられている君はゼッタイ悪くない
中川翔子

定価:770円(税込)発売日:2022年08月03日

電子書籍
「死ぬんじゃねーぞ!!」
いじめられている君はゼッタイ悪くない
中川翔子

発売日:2022年08月03日

プレゼント
  • 『神域』真山仁・著 

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2022/10/5~2022/10/12
    賞品 『神域』真山仁・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る