作品紹介

どうしても「読み終えられない本」がある――。その名も『熱帯』。
この本を探し求める作家の森見登美彦はある日、〈沈黙読書会〉なる催しでふしぎな女性に出会う。彼女は言った「あなたは、何もご存じない」と。

『熱帯』の秘密を解き明かすべく組織された〈学団〉と、彼らがたどり着いた〈暴夜書房〉。
東京・有楽町からはじまった物語は、いつしか京都、さらには予想もしなかった地平へと突き進む。

【電子書籍特典付き】電子書籍特典として森見さんの書き下ろしエッセイ「私の熱帯」をPDFでダウンロードして読むことができます。

特設サイトへ

担当編集者より
すべてをゆだね揺蕩ってほしい一冊!

天衣無縫につづられた冒険の物語は全国の高校生を夢中にさせ、第6回 高校生直木賞を受賞! 
「必ず誰かと話したくなる」「こんな本、二度と出会えない」「うちの学校全員で1位に推しました!」

森見作品の中でも別格的に好きだという「中毒者」を多く生み出した冠絶孤高の傑作を、どうぞご堪能ください。
目次
第1章 沈黙読書会
第2章 学団の男
第3章 満月の魔女
第4章 不可視の群島
第5章 『熱帯』の誕生
後記

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る