特集

第2回 あのシーンは実話? モロッコの砂漠からミイラ自慢の鶴岡まで

『俳優・亀岡拓次』『のろい男』 (戌井昭人 著)

山梨の旅館――実は……

 第5話「転落山菜 山梨」の、「山奥の旅館」なんですが、あまり山梨らしくなくて……。実は、長野の中房温泉のイメージなんです。北アルプスの燕岳への登山口にあって、最初は山口瞳さんの『温泉へ行こう』で知りました。たくさんお風呂があって、地熱蒸しというのが名物料理。最初に「長野」を使ってしまったので、ちょっとずらして山梨にしちゃいました。

「温泉の湧き出る近くに湯気の立っている砂場があり、そこに、鳥肉、じゃがいも、にんじんなどを突っ込んで埋め、地熱で蒸し焼きにする料理が絶品」というのは、完全に中房温泉がモデルです。ちょっと、嘘つきました。すんません。

 10年くらい前、仲間と山登りをしていた時期があるんですね。剱岳とか槍ヶ岳とか、高いところへ登って2日ぐらい縦走して、中房温泉へ降りて地熱蒸しを食べる。あるとき、台風になってしまって、途中の上高地に降りてしまった。5、6人でタクシーに乗ろうとしたら、「バス出してやるよ!」と言われて、タクシー料金でマイクロバスを出してくれた。すごく気分がよかったですね。

【次ページ】山形・鶴岡――酒田の居酒屋がすばらしい

俳優・亀岡拓次
戌井昭人・著

定価:本体680円+税 発売日:2015年11月10日

詳しい内容はこちら

のろい男 俳優・亀岡拓次
戌井昭人・著

定価:本体1,350円+税 発売日:2015年11月14日

詳しい内容はこちら


 こちらもおすすめ
特集最終回 坂口安吾「肝臓先生」の舞台にもなった伊東からポルトガルまで(2016.01.30)
特集第3回 ほぼ実話の札幌からロケ現場のワクワク感を知ったあの撮影所まで(2016.01.29)
特集第1回 「亀岡拓次」誕生の地“茅野”からディープな浅草界隈まで(2016.01.27)
インタビューほか情けなさの品格――戌井昭人(原作者)×横浜聡子(映画監督)(2016.01.21)
書評愛すべき“ぷらぷら人間”亀岡さん。僕が映画出演を即決した理由。(2015.11.13)
インタビューほか脇役俳優・亀岡拓次には、自分も5割くらい入っていますね――戌井昭人さんインタビュー(前編) (2015.11.11)
インタビューほか『カッコーの巣の上で』のジャック・ニコルソンに衝撃を受けて――戌井昭人さんインタビュー(後編)(2015.11.12)