特集

第2回 あのシーンは実話? モロッコの砂漠からミイラ自慢の鶴岡まで

『俳優・亀岡拓次』『のろい男』 (戌井昭人 著)

山形・鶴岡――酒田の居酒屋がすばらしい

 第5話「吐瀉怪優(としゃかいゆう) 山形」は、映画村があるから鶴岡にしたんですが、隣の酒田が好きで。「久村の酒場」っていう居酒屋に行くのがすごい好きなんですよ。

 お客さんとも仲良くなって、友達もできて。年に1回ぐらいは行ってます。入口も趣があって、カウンターがコの字になっていて、地元の人たちはそこで飲んでいる。ガラス張りのカウンターの下にある皿を「これとこれ」と選ぶと、温めてくれたり。キスのすり身を団子にした汁がすごく美味しくて。このお店はほんと、お勧めです。

 もちろん、鶴岡にも何回か泊まっています。森敦が『月山』に書いた湯殿山注連寺というお寺にも行きました。近くには、大日坊というお寺もあって、どちらにも即身仏があるんです。それぞれが、うちのミイラは特別だ、と自慢するんですよ。注連寺は「うちの即身仏は色がとてもきれいです」というし、大日坊は「形がよいのです」と強調する。暗に、あちらよりもすごい、と張り合ってるみたいなところがよくて、何度も聞きに行ってます。

注連寺

写真©戌井昭人

俳優・亀岡拓次
戌井昭人・著

定価:本体680円+税 発売日:2015年11月10日

詳しい内容はこちら

のろい男 俳優・亀岡拓次
戌井昭人・著

定価:本体1,350円+税 発売日:2015年11月14日

詳しい内容はこちら


 こちらもおすすめ
特集最終回 坂口安吾「肝臓先生」の舞台にもなった伊東からポルトガルまで(2016.01.30)
特集第3回 ほぼ実話の札幌からロケ現場のワクワク感を知ったあの撮影所まで(2016.01.29)
特集第1回 「亀岡拓次」誕生の地“茅野”からディープな浅草界隈まで(2016.01.27)
インタビューほか情けなさの品格――戌井昭人(原作者)×横浜聡子(映画監督)(2016.01.21)
書評愛すべき“ぷらぷら人間”亀岡さん。僕が映画出演を即決した理由。(2015.11.13)
インタビューほか脇役俳優・亀岡拓次には、自分も5割くらい入っていますね――戌井昭人さんインタビュー(前編) (2015.11.11)
インタビューほか『カッコーの巣の上で』のジャック・ニコルソンに衝撃を受けて――戌井昭人さんインタビュー(後編)(2015.11.12)