特集

ラヴレターはこうして書こう! 著名人の見事な手紙を読み解く

文: 山田 憲和 (文藝春秋)

『ラヴレターズ』 (文藝春秋 編)

各界活躍中の言葉の名手たちが腕を振るってラヴレターに熱い想いをしたためます。 著名人たちの秘めた恋が垣間見える、名文の数々を担当編集者が解説します。

 まず、あなたがとても好きな人を思い出してください。生きている人でも死んでいる人でもいい。ミュージシャン(姫野カオルコ)やバレエダンサー(松田青子)でもいい。寄席(春風亭一之輔)やコンビニエンスストア(村田沙耶香)でもいいんです。ラヴレターは書く人と、恋の対象があれば、なんだって成立するんです。

 あなたの好きな「○○さん」と初めて会ったときから何年たつのでしょうか。「○○さん」と会わなくなってからどれくらいの時間が過ぎているのか。会えなくなるまでのプロセスは? 相手には言えなかった深い事情は?

 ほら、もう書けるでしょう。書いてみればいいんです。絶対に書いてください。できれば、紙に書いてくださいよ。書き損じることはあっても、想いは消えませんからね。

 さて、長くなりました。

 くどい文章は嫌われますからね。最後に上級編というか、これは凄いというラヴレターの作り方を考えてみます。

 書き出しがきちんとしている。率直な想いも伝わってくる。でもそれだけじゃ物足りないじゃないですか。

 贅沢な悩みかもしれませんが、ラヴレターを書いて、それが成就したときには「思い出づくり」から「人生の一大事」に見事昇格するのです。ぜひとも上級編にチャレンジしてください。

 桐野夏生「伯父様はきっと、老婆になった私でも可愛いと思ってくださることでしょうね。伯父様はあらゆるものに美を認められる、稀有な方でしたから」

 山中千尋「あなたと出会うべき状況で再び出会ったとしたら、一緒にお酒を飲んで、ちょっと羽目をはずせたら楽しいかなあと思います。少しばかり酔ったら、酔いをさましに一緒に泳ぎませんか。わたしの家の近所に女子校のプールがあって、夜中にいつでも忍び込むことができます」

 俵万智「君の死を知らせるメールそれを見る前の自分が思い出せない」

 西川美和「あれは確か、お別れの手紙だったよね。愛の言葉の綴られた、熱い熱い、お別れの手紙。たまらなかった。あんな手紙を人にもらったのは初めてだったから」

 長塚京三「もしあの頃に戻ることができたなら、ぼくは一直線にきみのもとへ駆けつけるだろう。そして、全力疾走のその勢いのまま、きつく、きつく、きみを抱きしめたい」

 どうですか。極上のラヴレターには、殺し文句がありました。殺し文句というだけあって、実は怖いところもあるんです。恐怖というのも、じつは恋愛の本質なのかもしれませんね。

 ここまで『ラヴレターズ』に収録した26通のラヴレターをすべて、ざっくりとではありますが紹介させていただきました。

 最後の最後にはラヴレターの教科書、島田雅彦さんの殺し文句をどうぞ。

「君がいない世界はさながら放射性物質に汚染された楽園だった。表面的には美しいが、誰もが逃げ出す楽園である。ここには一切の希望がない分、気楽でいられる。しかし、君とよく似た人を見かけると、放っておけない。君を葬っても、恋を葬ることはできなかった」

ラヴレターズ
文藝春秋・編

定価:本体1,350円+税 発売日:2016年02月13日

詳しい内容はこちら


 こちらもおすすめ
書評あの作家の恋愛・結婚ってどうだったの?(2015.11.17)
書評平易な話言葉に凝縮された人生の真実――より良く生きるヒント満載の講演録(2015.07.05)
書評この本はとても恥ずかしい本なのです(2014.11.24)
インタビューほか手紙こそ親から受け取る素晴らしい財産――千住真理子さんインタビュー(前編)(2015.12.17)
インタビューほか手紙こそ親から受け取る素晴らしい財産――千住真理子さんインタビュー(中編)(2015.12.18)
インタビューほか手紙こそ親から受け取る素晴らしい財産――千住真理子さんインタビュー(後編)(2015.12.19)
書評美しく正しい日本語を話すために(2013.08.01)