本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
アメリカ ギフテッド教育に学ぶ、子供の好奇心を伸ばすことの大切さ<br />石角友愛×本山勝寛

アメリカ ギフテッド教育に学ぶ、子供の好奇心を伸ばすことの大切さ
石角友愛×本山勝寛

「本の話」編集部

『アメリカ ギフテッド教育最先端に学ぶ 才能の見つけ方 天才の育て方』 (石角友愛 著)


ジャンル : #ノンフィクション

石角 本山さんは、日本財団で「これも学習マンガだ!~世界発見プロジェクト」を立ち上げられ、人生と勉強に効く学べるマンガ100冊という本も出されましたよね。

本山 私は、高校卒業後、東大、ハーバード教育大学院と進んで、世界のいろんな教育を見てきましたが、日本の強みはマンガやアニメにあると思ったんですね。いわゆる「学習マンガ」だけでなく、普通のエンタメ作品の中にも、学べるコンテンツがいっぱいある。『学べるマンガ100冊』は、マンガ家さんやマンガに詳しい方に、そういった学べる作品を100冊選んでいただき、紹介した本です。マンガでも、ゲームでも、学びの楽しさを知る子供のスイッチを入れてあげることが、何よりも大事だと思いますね。

石角 ハーバード教育大学院には、子供の知的好奇心を伸ばすには、どうすればいいかを研究している人もたくさんいますね。マンガやアニメに特化して研究している人もいたと思います。世界トップレベルの教育学者にとっても大きな関心事になっているということですね。

本山 うちには、7歳、5歳、3歳、1歳と4人の子供がいますが、親も一緒になっていろいろ遊びまくっています。それぞれ興味が違うのですが、一番上の男の子は、虫好き。公園に行ったら、そこらじゅうの岩や石を持ち上げて、その下にムカデやダンゴムシを発見すると、興奮しています。遊びを通して、楽しみながら学んで自分の好きなことをつきつめていくのですね。

石角 アメリカでは、公立校の5校に1校が、学力テストの成績を伸ばせ、進学率を伸ばせという親御さんのプレッシャーから、休み時間を1時間削っているというデータがあります。それで「毎日、あと1時間、自由遊びの時間を増やしてください」というポスターが小児科の個室などに貼ってあります。何にも決まり事がない中で、子供に好きなことをさせることで、子供が何が好きなのか、何に向いているのか、も分かってきますよね。

本山 最近、出版した『一生伸び続ける人の学び方』という本の中でも書いたのですが、近年、アメリカではCQ(Curiosity Quotient=好奇心指数)というものが注目されています。旧来のIQ(知能指数)に加え、十数年前から、EQ(心の知能指数)の重要性が言われてきましたが、今最も大事なのはCQではないかと思います。

 これまでは、与えられた知識を覚え、使っていくだけでよかったのですが、IT化が進み複雑化する現代社会の中では、自ら課題を発見し、学び続けていく力が最も必要とされます。そのために、CQが高いことが大事になってきます。ギフテッド教育に限らず、親が一緒になって、子供と遊び、楽しんだりする中で、子供の好奇心を発掘していくことが、何よりも大事ですね。

石角友愛(いしずみ・ともえ)

石角友愛

東京のお茶の水女子大学附属高校を中退し、16歳で渡米する。ボーディングスクールに進学し、リベラルアーツ教育で有名な、オバマ大統領の母校でもあるオキシデンタル・カレッジを卒業(心理学士)。日本での起業を経て、2008年再びアメリカに渡り、ハーバード・ビジネススクールへ。戦略コンサルティング会社やベンチャーキャピタルで経験を積みながら、2010年長女出産と同時にMBA(経営学修士)取得。シリコンバレーのグーグル本社でシニアストラテジストとして働いた後、2013年に雇用マッチングのジョブアライブ社を創業。2016年に人工知能でPOSデータ解析を行うRetail10x社との企業結合により現在同社共同経営者兼日本代表。2015年に長男を出産し、一女一男の母。京都学園大学客員教授。全米天才児協会会員。シリコンバレー在住。世界各国の幼児のサイエンス教育、プログラミング教育、クリエイティビティ教育などに興味を持ち、経営の傍ら研究を続ける。


本山勝寛(もとやま・かつひろ)

本山勝寛

学びのエバンジェリスト。日本財団パラリンピックサポートセンター広報部/推進戦略部ディレクター。作家。ブロガー。東京大学工学部システム創成学科卒業、ハーバード教育大学院国際教育政策専攻修士課程修了。1981年生まれ。大分県出身。4児の父。
親が家にいない極貧バイト生活を送りつつ、東京大学に独学で現役合格。その後、教育をより広い視野で研究するためにハーバード教育大学院に留学。卒業後は、国内外で数多くの社会変革を手掛ける日本最大級の国際NGOである日本財団で、広報および国際協力事業を経て、パラリンピックサポートセンターを立ち上げる。「これも学習マンガだ!」プロジェクトにも携わる。
『16倍速勉強法』(光文社、5万部)、『人生と勉強に効く学べるマンガ100冊』(文藝春秋)、『一生伸び続ける人の学び方』(かんき出版)など著書多数。韓国、台湾、中国、タイでも翻訳出版され、ベストセラーとなる。育児に積極的に取り組む「イクメン」を目指し、第2子と第3子、第4子の出産時に育児休業を3回取得。独自の育児論や少子化対策の提言をBLOGOS等で発信し話題を呼ぶ。

アメリカ ギフテッド教育最先端に学ぶ
才能の見つけ方 天才の育て方

石角友愛・著

定価:本体1,500円+税 発売日:2016年06月29日

詳しい内容はこちら

プレゼント
  • 『いけないⅡ』 道尾秀介・著 

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2022/9/30~2022/10/7
    賞品 『いけないⅡ』 道尾秀介・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る