書評

小さな始点と大きな終点

文: 加藤 典洋 (文芸評論家)

『私家版・ユダヤ文化論』 (内田樹 著)

 昨年、内田樹(たつる)がこの本のもとになる「私家版・ユダヤ文化論」を「文學界」に連載しはじめたとき、なぜいまユダヤ文化が問題なのか、うろんな筆者にはよくわからなかった。けれども、単行本にまとめられたものを読むと、彼がどういうことを考えようと漠然と感じつつ執筆に着手し、最終的に、どういうことを書くことになったかがだいたいのところ、わかる。

 ほら、よくあるでしょう。道路を車で行くとその真ん中がこつんと突き出ている。毎回通るたびにガクンとなる。で、ある日車を降りて掘り出してみたら、道路をふさぐばかりか道路自体を載せるほど巨大な岩盤だった。そういうことが今回、内田に起こっている、というのが簡単に言うと筆者の理解である。

 小さな始点というのはこうである。

 彼は長い間、エマニュエル・レヴィナスという難解さで知られるフランスに住むユダヤ系の哲学者を師として、自分の知的活動を行ってきた。彼には、師の言っていることはよくわかる。そういうことはほとんど師のほかには誰も言っていない。だから彼は師をあがめてきたのだが、しかし、そのことを人に伝えようとすると、それはどうしても「難解」なこととなり、いかにもよそ目に「わかりにくい」。実際問題、人にそう受けとられるだけでなく、彼自身、そう感じる。なぜ、そういうことになるのか。

 すばらしいのは、彼がこういう場所でしっかりと立ちどまる人だということである。その答えは、ふつうの学者の場合だと、他の人がバカなせいか、その知能が少し弱いせいか、知的教養において少し不足しているせいか、憶説にまどわされているせいか、である。ふつうの学者・専門家なら、問いはここで終わる。しかし、内田はこの小さな始点から、自分の言いたいことが「難解」なのは、いまの了解作用を成り立たせている標準型の知的な枠組み(われわれがふつう西洋的な知性あるいは知的態度と呼んでいるもの)が、けっしてそれに説得されないもう一つの知的な枠組み(内田がここでユダヤ的な知性あるいは知的態度と呼ぶもの)と対になって存在してきたためではないか、と考える。そして小さな始点から、大きな終点へと歩いてゆく。

【次ページ】

私家版・ユダヤ文化論
内田樹・著

定価:本体750円+税 発売日:2006年07月20日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
書評ファンとして、弟子として、 崇拝者として語る(2014.12.28)
書評あけっぴろげな政治談議の可能性(2014.05.21)
書評『邪悪なものの鎮め方』解説(2014.02.04)
書評『うほほいシネクラブ』主な掲載映画名一覧(2011.10.19)
書評棒をくわえた犬と精神の強度(2008.01.20)
書評哲学史を彩るひとびとの輪郭が 私にもジワッと見えて来た(2014.10.30)
書評木田元への感謝(2008.10.20)