特集

温かな血の通う世界――宇江佐真理の足跡

文: 細谷 正充

『名もなき日々を 髪結い伊三次捕物余話』 (宇江佐真理 著)

一九九五年のオール讀物新人賞受賞から一躍人気シリーズとなった「髪結い伊三次」をはじめ、数々の物語を紡ぎ出してきた作家の豊潤な物語世界と、その歩みを振り返る。

『名もなき日々を 髪結い伊三次捕物余話』 (宇江佐真理 著)

 宇江佐真理の逝去を最初に知ったのは、ある作家のFBへの書き込みだった。ちょっと信じることができず、あわてて検索した新聞社のニュースを見て、本当のことだと納得。しばし呆然とした後、こみ上げてきたのは、悲しみと淋しさであった。何か、親しい人を失ったような喪失感に包まれたのだ。御本人にお会いしたのは、インタビューをしたときのたった一度だけなのに、なぜそんな風に思ったのだろうか。理由は作品そのものにあった。

 まず作者の経歴を簡単に述べておこう。宇江佐真理は、一九四九年、北海道函館市に生まれる。高校時代より創作の筆を執り、受験雑誌の投稿小説に佳作入選した。函館大谷女子短期大学を卒業し、OLを経て主婦となる。一九九五年、「幻の声」で、第七十五回オール讀物新人賞を受賞。選考委員は、ほぼ満場一致で本作を支持したそうだ。ちなみに選考委員の村松友視は選評で、「私がもっとも評価したのは、ここに描かれる人間関係は、現代小説としても十分に成り立つという点だった」と称揚している。

 その後、「幻の声」は「髪結い伊三次捕物余話」シリーズへと発展。髪結いの傍ら、町方同心の下っ引をしている伊三次と、その恋人から妻になる深川芸者・文吉の人生行路は、読者の大きな支持を集めることになる。作者自身は、二冊目のエッセイ集『ウエザ・リポート 見上げた空の色』に収録された「私と江戸時代」の中で、「江戸時代から我々が学ばなければならないことは何だろうか。それは取りも直さず、人間の生き方にほかならない」と述べ、それを際立たせるために、海外の情報や新しい道徳観念を排除した物語を世に問うているといっている。ここで留意すべきは、作者のいう“人間の生き方”が、現代性をこそげ落としたからこそ見えてくる、普遍的なものであることだ。だからキャラクターが、今を生きる読者の共感を呼ぶ。そしてそこに、宇江佐真理の時代小説の魅力が凝縮されていたのだ。「髪結い伊三次捕物余話」シリーズや、運命に翻弄されながら一途に生きるヒロインを活写した『雷桜』などを読んでいると、そのことがよく分かるのである。

【次ページ】

名もなき日々を 髪結い伊三次捕物余話
宇江佐真理・著

定価:本体520円+税 発売日:2016年01月04日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
特集時代小説、これが今年の収穫だ!(2015.12.08)
インタビューほか文春文庫40周年記念特別コラム 宇江佐真理 心に残る時代小説(2014.04.21)
書評「心に吹く風」に寄せて(2014.01.15)
書評『明日のことは知らず』考。(2012.08.16)
書評えっ!? これが私?(2010.09.20)
インタビューほか毎回緊張感をもって書き続けていきたい(2010.06.20)
インタビューほか宇江佐真理のすべてがわかる作品集(2004.06.20)