インタビューほか

現実の手触りと小説の嘘――横浜をめぐって 堂場瞬一×伊東潤【前編】

「別冊文藝春秋」編集部

『横浜1963』 (伊東潤 著)

年に一回は読み直す、海外警察小説の傑作シリーズとは

伊東 先ほど、この作品を構想する際に海外ミステリーの影響が大きかったと言いましたが、堂場さんはマニアと言ってもいいくらいの海外ミステリー好きですよね。

堂場 読むのはもっぱら翻訳小説ばかりです。

伊東 僕が特に影響を受けたのが、ペール・ヴァールーとマイ・シューヴァルの「刑事マルティン・ベック」シリーズなんです。

堂場 私も大好きな作品です。スウェーデンの激動の十年間をほぼ一年一冊、全十巻で描くシリーズですね。

伊東 警察小説ですが、選挙の話とか警察の機構が変わる話とか、スウェーデン社会の変遷が、かなり詳しく書かれている。

堂場 歴史小説としても読める稀有な警察小説です。私はいまでも、年に一回は全部読み直しています。

伊東 本当ですか! 僕はストックホルムで「刑事マルティン・ベック」の舞台を見てきたほどのファンですが、そこまではできません。実は『横浜1963』の冒頭で横浜港から女の死体があがるシーンは、「刑事マルティン・ベック」の第一作『ロセアンナ』へのオマージュなんです。

堂場 やはりそうでしたか。冒頭のシーンを読んだとき、「マルティン・ベック」シリーズ好きとしては「来たな」とニヤリとしました(笑)。

伊東 ミステリー小説としては至って平凡なシーンから始めて、いかに面白い物語にしていけるか。そこがチャレンジでした。

堂場 非常に高いハードルを設定されたと思いましたが、それを見事にクリアしていますよね。

伊東 ベタな設定でベタな展開だけど、なぜかぐいぐい引っ張られる。最初のミステリーは、そんな小説にしたかった。堂場さんの作品のような予想外の展開は、次からやっていくつもりです。展開の妙で読ませて、もっと読者を戸惑わせたいですね。読者からは様々な意見が寄せられていますが、ただ一つだけ共通しているのは、「横浜愛が強いんですね」ということです。実は私の場合、愛憎相半ばしているというのが、正直なところなんですが(笑)。

堂場 それは意外ですね。どんなところに「憎」を感じるんですか。

伊東 物心ついたころに、横浜ベイスターズのファンになってしまったことです(笑)。厳密には大洋ホエールズですが、これはもう、生まれた場所を恨むしかありません。

堂場 さぞ辛いファン人生を送られてきたことと、心中お察し申し上げます(笑)。

伊東 かつて読売新聞で記者をなさっていた堂場さんなら、そのあたりの気持ちは、よくお分かりですよね。

堂場 七〇年代から八〇年代にかけては、横浜は巨人のお得意様でしたから。当時は横浜大洋ホエールズではなく、「横浜大洋銀行」と呼ばれていた(笑)。最後に優勝したのが九八年ですから、もう二十年近くも冬の時代を過ごされている。

伊東 優勝したときも、コアなファンは意外と冷静でした。私は、もう次のシーズンのことを考えていました。その年は地元、横浜高校の松坂(大輔)がドラフトの目玉でしたが……。

堂場 西武ライオンズにあっさり取られてしまった。

伊東 あの時は、さすがにがっくりきました。そのとき、僕の野球ファン人生に終止符が打たれました(笑)。

撮影:白澤正

後編へ続く

堂場瞬一(どうば・しゅんいち)

堂場瞬一

1963年茨城県生まれ。青山学院大学国際政治経済学部卒業。新聞社勤務のかたわら小説を執筆し、2000年「8年」にて第13回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。「刑事・鳴沢了」「警視庁失踪課・高城賢吾」「アナザーフェイス」など、警察小説の人気シリーズ多数。近年は昭和史を題材にした『Killers』『Sの継承』『衆』などがある。最新作は『メビウス1974』。


伊東潤(いとう・じゅん)

伊東潤

1960年横浜市生まれ。早稲田大学卒業。日本アイ・ビー・エム勤務後、外資系マネジメント、コンサルタント業を経て作家へ転身。『国を蹴った男』で吉川英治文学新人賞、『巨鯨の海』で山田風太郎賞と高校生直木賞、『峠越え』で中山義秀文学賞、『義烈千秋 天狗党西へ』で歴史時代作家クラブ賞を受賞。『横浜1963』は著者初の警察小説。

横浜1963
伊東潤・著

定価:本体1,500円+税 発売日:2016年06月08日

詳しい内容はこちら

別冊文藝春秋 電子版10号(通巻326号/2016年11月号)

定価:※各書店サイトで確認してください
発売日:2016年10月20日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
インタビューほか現実の手触りと小説の嘘――横浜をめぐって 堂場瞬一×伊東潤【後編】(2016.11.08)
書評取り組むとなったら失敗は許されない。デビュー10周年で挑戦する現代物ミステリー(2016.06.29)
インタビューほか秀吉対利休、真の勝者は?(2016.07.14)
インタビューほか秀吉対利休、真の勝者は?(2016.01.07)
インタビューほか新しい信長像――そのカリスマと狂気(2016.03.14)
書評野心という魔物にとりつかれ、人生を変容させていく信長の家臣たちを描く(2016.03.11)
書評団塊世代の生きざまを明るみに出す 濃密な人間ドラマ(2015.07.13)
インタビューほか特別対談 池田克彦(第88代警視総監)×堂場瞬一(2014.10.10)