インタビューほか

『ブルース』をめぐる釧路の風景

「本の話」編集部

『ブルース』 (桜木紫乃 著)

海霧と書いて、じり、と読ませる粒の大きな霧。 今日はジリがでて、いかにも釧路らしい日です、と桜木さんは言う。 師走の最初の日、新刊『ブルース』に登場する釧路の街を歩いた。 『ブルース』は、昭和から平成の釧路を舞台に、“崖の下”の長屋で父親の顔を知らずに育った6本指の少年が、自らを鍛え、故郷の歓楽街の実力者となるまでを、8人の女の語りで描いた短編連作。地方都市のフィクサーとも呼べる人物の過去の時間が1篇ごとに登場し、過酷な少年時代から闇の寵児となっていく姿が、女との係わりの向こうに幻視される気迫の1冊だ。

圭とまち子

 この連作は、書いている途中でいろいろなことが腑に落ちてきたんですね。

 ラストは見えていたけれど、1篇ごとにすこし間をおくことで何度も博人に、離れては近づいていった気がします。「ブルース」でおさななじみの圭が登場した時、編集者に「彼女はきっとまた登場しますね」と言われて、どうだろう、そうなのかなと思っていたら、次の「カメレオン」でまち子が登場して、ああ、博人が楽なのは、まち子みたいな女なんだ、と書きながら分かったこともありました。圭は博人にとって出自を知っている特別な女ですが、自分のことを理解してしまう女より、分からないときっぱり口にできるような女が博人には合っていたのでしょうね。

まち子とはどこで暮らしたのか

 街でもきっと見晴しのいいところで暮らしていたんじゃないかなと。

 崖の下で、ずっと見下ろされて生きてきたから、たとえば港一帯がみえる高台のあたりに住居を決めたんじゃないかと思っています。

博人の「行き止まり」

 莉菜が凱旋写真展をしたところは、位置としては観光国際交流センター、建てられた経緯ほかは全くのフィクションですが、奥の茶色い建物が名前も同じ芸術館です。私、博人が結婚するとは思っていなかったんです。ちゃんと籍をいれて、相手の連れ子である莉菜をよびよせて、その血の繋がらない娘に心から愛されて死んでいくなんて――よくまあ、ここまで恰好よく(笑)。

 嘘でしょ、と思いながら書きました。こんな格好いい男、いませんよ。義理の娘とは男女関係ありませんしね。でも実は、性愛ってそんなに強いカードじゃないって思っているの、男と女の間で。そして、ここまで強くなる必要もない気がするの、男の人って。

「松本清張の『けものみち』は書けないタイプなのかも、と思います。主人公が男だから、『ブルース』の世界は書けた。博人が男だからファンタジーでいけるのね。夢の男には挑戦したけれど、夢の女は私には書けない気がする」という桜木さん。でも、ぜひいつか桜木さんの「夢の女」を書いてください。

 本日はご案内いただき、ありがとうございました!

ブルース
桜木紫乃・著

定価:本体1,400円+税 発売日:2014年12月05日

詳しい内容はこちら


 こちらもおすすめ
インタビューほか魅せる女の流儀 対談 壇蜜×桜木紫乃(2014.10.10)
インタビューほか公開対談 島田雅彦×桜木紫乃 小説の中の男と女(2014.07.04)
インタビューほか『私の男』映画化記念 桜庭一樹 “居酒屋”インタビュー(1)(2014.06.06)
インタビューほか『私の男』映画化記念 桜庭一樹 “居酒屋”インタビュー(2)(2014.06.13)
インタビューほか警察小説と「プライベート・アイ」(2009.06.20)