本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
丸の内OLの人生を変えた一冊

丸の内OLの人生を変えた一冊

文:今野 楊子 (ライター(鶴岡市上畑町在住))

『奇跡のレストラン アル・ケッチァーノ 食と農の都・庄内パラディーゾ』 (一志治夫 著)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #ノンフィクション

 また、畑は時に、壮大なことを教えてくれたりもします。

 手のひらに乗せられていた小さな小さな種たちは、土の中で殻を破り、地上に柔らかな芽を出します。大きくなるのに必要なのは、水と太陽、たったそれだけ。ぐんぐんと勢い良く背を伸ばし、枝を広げ、やがて花を咲かせます。

 今度は風や生き物の力を借りて花粉を運び、実を生らせます。鳥や動物、人間たちにおすそ分けすることもちゃんと考慮して、たくさんの実をつけます。そして何十、何百という種を残し、最後には来るべき時をじっと待って、静かにゆっくりと土へと還っていきます。

 なんて植物たちは慎ましく、強く逞しく、優しいのだろう。

 せっせと汗を流し、土にまみれてたくさんの作物たちと過ごしていると、人間はその恵みをわけてもらい、やっと生きているだけなのだと感じます。植物のほうがずっと賢いことを、傲慢な私はこれまで気がつかずにいたんだと。

 なんてちっぽけな自分。自然の流れに寄り添って、助け合って、奪い合うこともせず、強く優しく生きられたら。畑の真ん中でひとり、そう強く思ったりしています。

 こんな風に、庄内での暮らしは私にたくさんのことを教えてくれています。

 すべての始まりは、一冊の本との出逢い。前述した私の「意中の人」も、本書がきっかけで地元を見直し、二度と帰ることはないと思っていた故郷・庄内へ、十年ぶりに戻ってきました。そして今では人生のパートナーとして暮らしを共にしているのですから、これもまた感慨深いものがあります。

 ところで、あの熱い生産者たちに逢う、という当初の大きな目的はどうなったかと言いますと――。

 もちろん、本書に出てくるほとんど全ての方々に、お目にかかることができました。ある方はこちらから訪ねて、ある方は偶然に。

 意外だった、と言うとちょっと語弊があるかもしれませんが、どの方も想像していたよりもずっと素朴で、親切で、笑顔の似合う、優しい方々でした(唯一、本書に何度も登場する山澤清さんを除いては。彼は想像していたよりずっとエネルギッシュで、広く深く、それでいてチャーミングな方でした)。

 だけど少し話をしてみれば、胸にとても熱いものを秘めていて、頑として曲げない信念を持っていることが、すぐに伝わってきます。

 こんな男たちがたくさんいる庄内は、やっぱりすごい。

 そんな人々に惚れ、その姿を追い続けた本書の著者・一志治夫さん。私は貴方に一番共感し動かされてしまったのだと、気がついたのは庄内へ来てしばらく経ってからのことでした。

 神様、私をここへ運んできてくれて、ありがとう。ここで次々と起こっていく奇跡をこの目で捉えていけたらと、未だ日々、胸躍らせています。

奇跡のレストラン アル・ケッチァーノ
食と農の都・庄内パラディーゾ

一志治夫・著

定価:本体680円+税 発売日:2015年03月10日

詳しい内容はこちら

プレゼント
  • 『固結び』山本一力・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2023/01/27~2023/02/03
    賞品 『固結び』山本一力・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る