書評

時代を先読みするユニークな本

文: 佐藤 優

『大世界史 現代を生きぬく最強の教科書』 (池上彰・佐藤優 著)

「国家にとって重要なのは、知や文化の質ではなく、実用的な情報や技術の量」であるという発想が、まさに現在、文科省や経済界が進めようとする大学改革の前提となっている。一見、近代的に見えるが、これは、中世の職人教育と親和的だ。狭い分野での最先端知識をつけた専門家をいくら養成しても、そのような専門家はすぐに役に立たなくなる。池上氏が呼ぶ教養は、シュライエルマハーが諸学を包括し、統合するところの哲学と同じ機能を果たす。このような教養は、歴史の中で生み出されていくのである。

 本書の『大世界史』というタイトルには二つの意味がある。第一は、世界史と日本史を融合した大世界史ということだ。日本の視座から世界を見、また世界各地の視座から日本を見、さらに歴史全体を鳥瞰することにつとめた。第二は、歴史だけでなく、哲学、思想、文化、政治、軍事、科学技術、宗教などを含めた体系知、包括知としての大世界史ということだ。

 人間には、愚かさと聡明さ、残忍性と優しさが混在している。歴史から学ばなくてはならないのは、ちょっとした行き違いで、大惨事が発生するということだ。逆に言うならば、ちょっとした気配りと努力で、われわれは危機から脱出することもできるのである。大世界史から謙虚に、人類が生き残る術について、読者とともに学んでいきたい。

 

   二〇一五年九月一四日

(「おわりに」より)

大世界史 現代を生きぬく最強の教科書
池上彰/佐藤優・著

定価:本体830円+税 発売日:2015年10月20日

詳しい内容はこちら


 こちらもおすすめ
インタビューほか「この国は戦争に巻き込まれる」 池上彰×佐藤優 2人の論客が表の顔と裏の顔で語り合った愛国対談(2014.11.20)
書評ビジネスパーソンと学生に真に有用な「武器」を贈る(2015.08.04)
書評本の内容が古びなかったことを喜ぶべきか、「変わらない日本」を嘆くべきか(2015.03.13)
特設サイト佐藤 優セレクション『文藝春秋 戦後70周年新書フェア』(2015.07.03)
特設サイト池上 彰『学校では教えない「社会人のための現代史」』(2013.10.11)
特設サイト池上 彰『この日本で生きる君が知っておくべき「戦後史の学び方」』(2013.03.26)
インタビューほか「ニュースがわからない」不安を解消(2013.04.25)
書評今こそ、書物の力を見直したい(2011.07.20)
書評「帝国主義」の悪魔祓いを(2012.08.08)
インタビューほか〈異色対談〉 佐藤優 vs. 中村うさぎ 『私のマルクス』――カネと愛とキリスト教(2007.12.20)