2018.06.27 書評

自問自答の苦難と愉悦

文: 川﨑昌平 (編集者)

『さよならクリームソーダ』(額賀 澪 著)

『さよならクリームソーダ』(額賀 澪 著)

 よく誤解されていますが、美術を含む芸術というものは、れっきとした学問です――それも相当難しい種類の。

 難しさの理由は次の三点から説明できます。

 第一に「問題」がないこと。何を問題とするべきかは、自分で決めるしかないのです。作中で描写されていた、花房美術大学の合評会の光景を思い出してください。「やることはいたってシンプルだ。年に三回、作品を描いて提出する」(一七八頁)とあることからもわかるように、教授や講師は表現の最低限の方向性(この場合は絵であることでしょうか)や回答の期日だけを示しており、「何を描くか」や「どう描くか」、そして「何のために描くか」は、すべて自分自身で考え、見つけ出すより他にないのです。



こちらもおすすめ
書評愛すべき「風」の物語――吹奏楽にかける熱い青春(2017.06.08)
インタビュー・対談美大を舞台にほろ苦い青春を描く(2016.06.09)
インタビュー・対談自らのルーツ「吹奏楽」を描いた作品で松本清張賞を受賞(2015.07.03)
特集松本清張賞受賞記念エッセイ 夢を叶える力をもらった。(2015.06.24)
さよならクリームソーダ額賀 澪

定価:本体820円+税発売日:2018年06月08日