本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
陰々滅々たる過疎地風。なのになぜ、福井の人はやたらと明るいのか

陰々滅々たる過疎地風。なのになぜ、福井の人はやたらと明るいのか

文:佐々木俊尚 (ジャーナリスト)

『福井モデル 未来は地方から始まる』(藤吉雅春 著)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #ノンフィクション

『福井モデル 未来は地方から始まる』(藤吉雅春 著)

 でもそういう外観からひと皮めくると、土地の人たちはいきいきとしていて、活発だ。伝統的な祭りはどれも賑やかだし、居酒屋は地元のお客さんで賑わっている。古くから日本海流通に開けていた漁村だったこともあって、みんなオープンでよそ者にも優しい。

 こういうマインドは福井のあちこちで感じる。この活気が息づいている限り、福井という土地は決して滅びない。逆に、人口減と低成長で衰退していく老大国日本のロールモデルになって行くのではないかと思う。

文春文庫
福井モデル
未来は地方から始まる
藤吉雅春

定価:781円(税込)発売日:2018年07月10日

プレゼント
  • 『ロシア文学の教室』奈倉有里・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/5/17~2024/5/24
    賞品 『ロシア文学の教室』奈倉有里・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る