本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
【週刊文春ミステリーベストテン 2018年国内部門第6位!】ミステリ古書店のバイト店員にしてクールでタフな女探偵──葉村晶のこれまで

【週刊文春ミステリーベストテン 2018年国内部門第6位!】ミステリ古書店のバイト店員にしてクールでタフな女探偵──葉村晶のこれまで

『錆びた滑車』<週刊ミステリーベスト10>2018年国内部門 第6位!


ジャンル : #エンタメ・ミステリ

『悪いうさぎ』

31歳

悪いうさぎ(文春文庫 2004年7月刊行)

日本推理作家協会賞候補作

家出中の女子高生ミチルを連れ戻す仕事で怪我を負った葉村晶は、1か月後、ミチルの友人探しを依頼される。他にも姿を消した少女がいた。彼女たちはどこに消えたのか? 真相を追う晶は何者かに監禁される。

31歳。フリーの調査員として女子高生の失踪事件を追う。相場みのりのマンションを出て、新宿の古いアパートに引っ越す。

『暗い越流』

37歳~40歳過ぎ

暗い越流(光文社文庫 2016年10月刊行)

日本推理作家協会賞(表題作・短編部門受賞)

「蠅男」では37歳でフリー調査員を続けているが、「道楽者の金庫」では40歳過ぎ。長谷川探偵調査所は閉鎖され、探偵仕事は開店休業中。旧知の富山泰之から誘われ、吉祥寺にあるミステリ専門書店〈MURDER BEAR BOOKSHOP 殺人熊書店〉でアルバイトとして働く。

「探偵という職業は、ときどき、淡泊なプライベートをおぎなってあまりある面白さをわたしの人生に持ち込んでくれる。」

次ページ「葉村晶 40代」>>

特設サイトへ
文春文庫
錆びた滑車
若竹七海

定価:880円(税込)発売日:2018年08月03日

文春文庫
静かな炎天
若竹七海

定価:759円(税込)発売日:2016年08月04日

文春文庫
さよならの手口
若竹七海

定価:935円(税込)発売日:2014年11月07日

文春文庫
悪いうさぎ
若竹七海

定価:858円(税込)発売日:2004年07月09日

文春文庫
依頼人は死んだ
若竹七海

定価:770円(税込)発売日:2003年06月10日

プレゼント
  • 『星落ちて、なお』澤田瞳子・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/4/9~2024/4/16
    賞品 文庫『星落ちて、なお』澤田瞳子・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る