別冊文藝春秋

『京洛の森のアリス Ⅱ』望月麻衣――立ち読み

文: 望月 麻衣

電子版21号

 明治・大正の港町を思わせる石造りのモダンな建物に、『アカシア診療所』という看板が掲げられていた。

 リヤカーを建物の脇に停めて、足取りのおぼつかない蓮を連れて診療所に入る。

 待合室には、ベンチが六脚。背もたれに番号が付いていて、そこに松葉杖を持っている人、腕を三角巾で吊っている人など、主に怪我をしている人たちが座っていた。

「あ、そうか。怪我は、自分の意思とは関係ないよね」

 この世界に病院は必要あるのだろうか? と疑問に思っていたが、怪我をしている人たちの姿を見て、ありすは妙に納得しつつ、蓮をベンチに座らせる。

 受付はどこでするのだろう、と診療室から女性が姿を現わした。

 白衣のワンピースとコック帽に似たナースキャップは、まるで明治時代の看護婦を思わせる。

 髪はすべて束ねてナースキャップの中に入れていて、バインダーを手にしていた。

 きりりとした目は冷静さと意志の強さを感じさせる。

 彼女は、昨日二条城の総合卸問屋で見た女性であり、やはり医療従事者だったんだ、とありすは視線を送った。

 彼女はキャスターのついた椅子に腰を下ろしたかと思うと、一番から順に患者の前に移動していった。

 しっかりと目線を合わせて話を聞き、腕に触れたり、膝を確認したりして、「もう大丈夫ですね。あとは安静にしてください」と言葉少なに声を掛けていく。

 最後に彼女は蓮の前に来て、「はじめまして、看護師のアザミです。あなたのお名前と症状をお聞かせください」と冷静な表情のまま尋ねた。

「名前は蓮。……急に年を取った」

 言い難そうに告げた蓮に、彼女は、そう、と相槌をうつ。

「『ある日、突然、老いてしまう』というのは、この『京洛の森』では珍しいことではありません。ですが、私たちはそれは病気ではなく、台風や雷と同じ、自然現象のように受け止めております。お気の毒ですが、ここではどうしようもできないです。膝や腰が痛むなら薬を出しますけれど」

 蓮が、「だよな」と肩をすくめる横で、ありすがきおいこむ。

「あのっ、この世界での自然現象というのは分かります。でも、この人は自分を偽るようなところがなくて、こういう現象が起こるタイプでは決してないんです。ですので、何か他に原因がある気がしまして。診てもらえませんか?」

 そんなありすに、看護師のアザミは、弱ったように眉尻を下げる。

「お、おい、ありす」

 蓮が制しようとしたその時、ばたん、と奥の扉が開いた。

 その扉の向こうは、診療室のようだ。

「いいでしょう」

 と、診療室の奥から男性の声が聞こえてきた。

 ありすと蓮とナツメは、顔を見合わせる。

「診察してさしあげますよ」

 そう続けられた言葉にアザミはすっくと立ち上がり、蓮に向かって手を差し伸べる。

「先生が診てくださるそうです。診療室にお越しください」

 良かった、と感激するありすの横で、蓮は複雑な表情を見せていた。

別冊文藝春秋からうまれた本

別冊文藝春秋 電子版21号文藝春秋・編

発売日:2018年08月20日

京洛の森のアリス望月麻衣

定価:本体650円+税発売日:2018年02月09日


 こちらもおすすめ
ニュース喜多喜久さん、本誌初登場! 『別冊文藝春秋 電子版21号』 ただいま好評発売中(2018.08.24)
別冊文藝春秋『京洛の森のアリス Ⅱ』望月麻衣――立ち読み(2018.06.21)
別冊文藝春秋『京洛の森のアリス』望月麻衣――立ち読み(2017.12.21)