2018.09.11 書評

圧倒的な森の気配と、八重の花のように開花し続ける物語

文: 池澤春菜 (声優・エッセイスト)

『薫香のカナピウム』(上田早夕里 著)

『薫香のカナピウム』(上田早夕里 著)

 子供の頃、夏休みをいつも南の島で過ごしていました。ミクロネシアのポンペイ島(わたしがいた時は、まだポナペ、という名前でしたが)。

 朝、無人島に送って貰って、好きなだけ遊んで、海の塩と汗でしょっぱいおにぎりと、何故かポンペイ島で定番のきゅうりのキューちゃんを囓り、ハンモックで昼寝し、夕方また舟にお迎えに来て貰って帰る。浜辺中のなまこを集めて、なまこ文字を書く。シュノーケルで静かに浮かんでいると、わたしを流木と間違えた小さなお魚がお腹の影に集まってきます。沖でゆうゆうと動く、何か大きな生き物の影。浜辺で腐っていくウミガメのとんでもない腐臭。

 上田さんの描く、海の物語を読む度に、わたしの脳裏には、あの海が見えていました。



こちらもおすすめ
インタビューほかたおやかなる少女のビルドゥングスロマン! 人気SF作家の新境地(2015.02.28)
薫香のカナピウム上田早夕里

定価:本体780円+税発売日:2018年09月04日