書評

圧倒的な森の気配と、八重の花のように開花し続ける物語

文: 池澤春菜 (声優・エッセイスト)

『薫香のカナピウム』(上田早夕里 著)

『薫香のカナピウム』(上田早夕里 著)

 上田早夕里さんは兵庫県・神戸市生まれ。二〇〇三年に『火星ダーク・バラード』で第四回小松左京賞を受賞して作家デビューされました。

 『魚舟・獣舟』『華竜の宮』『深紅の碑文』などの重厚なオーシャンクロニクル・シリーズが代表作ですが、その一方で『ラ・パティスリー』を始めとする軽快なパティシエ小説、妖怪ファンタジー『妖怪探偵・百目』シリーズ、直木賞候補になった『破滅の王』と、ジャンルをまたいで大活躍。いずれも、豊かなイマジネーションと、緻密な構成、そして命や生きることが根底に流れる傑作揃いです。本書が初上田という方は、他の作品も手に取ってみて下さい。


 さて、森を舞台にしたSFには、何作か素晴らしい先輩がいます。例えば、ラリイ・ニーヴン『インテグラル・ツリー』、ブライアン・オールディス『地球の長い午後』、エイミー・トムスン『緑の少女』。いずれも変容した森の姿がいきいきと描き出された傑作です。浄化装置としての森ならば、宮崎駿の『風の谷のナウシカ』も忘れる訳にはいきません。

 『薫香のカナピウム』をぜひこの一角に、私的世界五大森SF小説として奉りたい、と思います。

 いつか、愛琉たちの、もしくはその子孫たちの物語を読めますように。オーシャンクロニクルと並ぶ、フォレストクロニクルにならないかな。

薫香のカナピウム上田早夕里

定価:本体780円+税発売日:2018年09月04日


 こちらもおすすめ
インタビューほかたおやかなる少女のビルドゥングスロマン! 人気SF作家の新境地(2015.02.28)