本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
巨大な恐怖に対し、逃げながら闘う男たちの“ボクシング”を読む

巨大な恐怖に対し、逃げながら闘う男たちの“ボクシング”を読む

文:中村 航 (作家)

『拳の先』(角田光代 著)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #エンタメ・ミステリ

『拳の先』(角田光代 著)

 前作の『空の拳』は、主人公の空也が、そんな幸福な錯覚を感じながら、ボクシングに関わり続ける物語だ。空也は恋も友情も小説のなかでしか知らない、出版社に勤務して三年の、なよなよした男だ。文芸担当になることを長年の目標にしていた彼は、望まぬままボクシング雑誌の編集者となり、今まで全く無縁だったこの競技と深く関わっていく。

 彼が特に追いかけたのが、タイガー立花というボクサーだ。ゾンビの格好で入場する彼は、リング上で不遜な態度を取るが、打って変わってそのファイトには色気があり、美しい。ジムでの練習中や祝勝会の場では実直で朴訥なその男に、空也は強く惹かれる。

 タイガー立花はいくつかの勝負に勝ち、また負ける。ジムに通いだした空也は最後に、プロテストを受けるまでになる(テストにはあっさり落ちてしまうが)。「幸福な錯覚」を何度も得た空也は、編集者としてもタフになり、人間としても成長していく。

 小説の最後、空也は念願だった文芸編集者になる。関わっていたボクシングとは少しずつ離れていき、最後はリング近くではなく、街角のTVで立花の試合を観るという象徴的なシーンを経て、小説は終わる。きれいなエンディングだったが、まだ何も終わっていない、という感じもした。

文春文庫
拳の先
角田光代

定価:1,254円(税込)発売日:2018年10月06日

文春文庫
空の拳 上
角田光代

定価:671円(税込)発売日:2015年10月09日

文春文庫
空の拳 下
角田光代

定価:671円(税込)発売日:2015年10月09日

プレゼント
  • 『望月の烏』阿部智里・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/2/29~2024/3/7
    賞品 『望月の烏』阿部智里・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る