本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
巨大な恐怖に対し、逃げながら闘う男たちの“ボクシング”を読む

巨大な恐怖に対し、逃げながら闘う男たちの“ボクシング”を読む

文:中村 航 (作家)

『拳の先』(角田光代 著)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #エンタメ・ミステリ

『拳の先』(角田光代 著)

 それは単なる観客の勝手な思い入れなのだが、“競技者が観客の代わりに闘っている”というのは、ある意味で真実だ。

 かつて狩猟採集生活をしていた人類の、あるグループで、例えばツボを作るのが異常に上手い人がいた。その人は狩猟に行く代わりにツボ作りを任された。その人は“みんなの代わりに”ツボ作りに人生を捧げる。そういうのが目もくらむほど広がった先に、あらゆることが分業・専業化された現代がある。

 つまり人々の闘争心や才能や努力を代表して、競技者は闘っているのだ。

 競技者はきっと、そんなことは思っていないだろう。だが特に、ボクシングという競技を見るとき、僕はそういうことを感じてしまう。そういうことを感じさせてくれるボクシングという競技のことが、とても好きだ。

「幸福な錯覚」という記述が、この作品の前作にあたる『空の拳』にある。

 自分も、試合を見ている彼らも、今、彼らとかかわっていると錯覚できる。自分がいのちと同等のものを張って闘っている、闘いの先に我らもまたいくことができ、勝者だけが見ることのできる景色を見られるという、この上なく幸福な錯覚である。

文春文庫
拳の先
角田光代

定価:1,254円(税込)発売日:2018年10月06日

文春文庫
空の拳 上
角田光代

定価:671円(税込)発売日:2015年10月09日

文春文庫
空の拳 下
角田光代

定価:671円(税込)発売日:2015年10月09日

プレゼント
  • 『望月の烏』阿部智里・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/2/29~2024/3/7
    賞品 『望月の烏』阿部智里・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る