書評

没後3年。パッパラパアと生きているアガワの夢に、父・阿川弘之があらわれた!

文: 倉本 聰 (脚本家)

『強父論』(阿川佐和子 著)

『強父論』(阿川佐和子 著)

 阿川家に僕が出入りするようになったのは昭和四十年代の初頭からである。佐和子姫がまだ中学に入って間もない頃だったろうか。どういうわけか弘之大先生に気に入られ、書生の如く扱っていただいた。

 大先生は周知の如く大変な食通であり、初めて夕食を御馳走になった時、みずから有名なドライマティニィを作って下さり、今夜は家内のライスカレーを御馳走する、家内のカレーは絶品である、と宣言されて奥様のカレーをいただいた。当時僕はカレーに凝っており、カレー評論家を自称していたので、どうだと意見を求められて

「正直な意見を云うんですか」

「勿論、正直に云いたまえ」

「松竹梅に分類するなら、竹の中、というところでしょうか」


 こちらもおすすめ
書評ヒーロー、ヒロインたちが遺した 言葉の宝物を大切に心に秘めて(2016.01.18)
書評阿川佐和子さんの、恐るべき記憶力と「語る力」(2015.12.29)
書評シアワセを招く(?)、アガワの文庫新シリーズ創刊!(2015.11.21)
書評「私、人見知りなんです」は甘えじゃないの?(2014.06.24)
特集本誌だけが知っている 阿川佐和子「聞く力」オフレコメモ(2012.12.20)
書評相づちの打ち方から会話のツボまで(2012.01.20)
強父論阿川佐和子

定価:本体650円+税発売日:2018年12月04日