書評

「静かな雨」における二人の世界は〈僕〉の献身か。絶対支配か

文: 辻原 登 (作家)

『静かな雨』(宮下奈都 著)

『静かな雨』(宮下奈都 著)

「静かな雨」は宮下奈都のデビュー作である。そして、彼女のその後のめざましい活躍を予告し、約束する作品である。

 ──勤め先の会社が解散した日、淡い雪が降ってたちまち消えた。最寄駅のそば、パチンコ屋の裏の駐輪場から微かなやさしい匂いが流れて来て、〈僕〉は立ち止まる。たいやきを買って、歩きながら一口食べ、あ、と立ち止まり、引き返して、たいやきを焼いている女の子に「これ、おいしい」と。

 翌朝、〈僕〉は重い気持で目を覚まして、ふと「遠くのほうに、何か、楽しいこと」があったような気がする。〈僕〉ははっと身を起こす。正体はあの「たいやき」だ。やたらおいしいたいやき、そして黒目がちのまっすぐな感じの女の子だ。

 このように小説は始まるのだが、実はさりげなく、記憶と愛を巡る洞察に充ちたこの物語のモチーフが、優れた小説の例にもれず早くも冒頭の数ページの中で提示される。“おいしさ”と“たいやき”と“女の子”、そして慎重に隠され仄(ほの)めかされるのは、〈僕〉の歩行だ。〈僕〉の歩行が、上記の三つのモチーフを繋(つな)ぐ役目を果たす。

静かな雨宮下奈都

定価:本体560円+税発売日:2019年06月06日


 こちらもおすすめ
ニュース太賀、衛藤美彩 ダブル主演により、『静かな雨』が映画化!(2019.06.05)
インタビューほか幻のデビュー作『静かな雨』発売。『羊と鋼の森』が本屋大賞を受賞して変わったことは?(2016.12.12)
インタビューほか平凡で特別なことの起こらない、でも掛けがえのない人生を描く(2018.12.06)
書評やわらかいボールのような主人公の「二つの声」が聞こえる独特な成長物語(2018.02.14)
書評本屋大賞『羊と鋼の森』をプロの調律師が読んでみた(2018.02.09)