特集

【冒頭立ち読み】『剣樹抄』(冲方丁 著)#2

文: 冲方 丁

『剣樹抄』(冲方丁 著)

<<#1はこちら

 

 復興の音がさんざめいている。

 材木を運び、加工し、組み立てる音だ。それに、運び手や、職人たちのかけ声が混じる。

 明暦三年の夏、大火災に襲われた江戸は、驚異的な速度で復活しようとしていた。

 ただの再建ではない。幕閣の入念な計画に従い、都市の拡張と、将来の防災が考慮され、江戸を新生すべく全域で建て替えが行われているのだ。

 御城の北側にある小石川で、その新生復興の音を、一人の男が、心地よく聞いていた。ただ聞くだけでなく、自ら立てていた。

 大名世子としての着衣を小姓に預け、職人に混じり、尻をまくった姿で、材木を運び、釘を打ち、かんなをかける。墨付けなどの大工の技を熱心に見学し、見様見真似でやってみる。小姓たちも側近も、止めても聞かないとわかっているので黙っている。それどころか、お前たちも一緒にやれ、と男に言われかねなかった。

 男の名は、水戸徳川光國。三十歳。

 筋骨逞しく、肌は夏の日差しの下でも白く、美男であった。若い頃は遊蕩狼藉で知られたが、今では妻帯し、少なくとも夜中に屋敷を抜け出さない程度には落ち着いている。

 生来、好奇心の塊だった。父の頼房から上屋敷建設の様子を見るよう言われたのを良いことに、職人の真似事を楽しんでいた。

 再建は、このときの光國にとって何よりの情熱の対象だった。

 建物だけではない。火災で焼失した学問の書籍は数万巻にのぼった。喪失の衝撃で、火災を生き延びたのに、病んで死んだ学者もいる。光國はすでに、学書の収集と学問の再起再興のための学問所を、中屋敷に設置する許しを、父から得ていた。

 また、かつて自分が通った色町の復興も助けた。焼け出された遊女たちがいまだ行き場所がないという話を聞き、父に話したところ、

「老中たちが吉原の移転先に悩んでいてな」

 と聞かされ、

「では水戸家が拝領した千束一帯の土地を提供しては? 遊女たちは親兄弟を助けるために売られたのです。大変な孝行者ではないですか。それを焼け出されたままにするというのは、御政道にも、どんな教えにも反します」

特設サイトへ
剣樹抄冲方 丁

定価:本体1,500円+税発売日:2019年07月10日


 こちらもおすすめ
特集【冒頭立ち読み】『剣樹抄』(冲方丁 著)#1(2019.07.10)
インタビューほか構想12年の力作、冲方丁長篇ミステリー『十二人の死にたい子どもたち』に込めた想いとは──前編(2018.09.18)
インタビューほか構想12年の力作、冲方丁長篇ミステリー『十二人の死にたい子どもたち』に込めた想いとは──後編(2018.09.25)