特集

明晰な虚構の語り、文学だけが持ちうる倫理【作品論】<阿部和重『Orga(ni)sm』を体験せよ>

文: 樋口恭介

文學界10月号

『オーガ(ニ)ズム』(阿部和重 著)

『オーガ(ニ)ズム』。生物/快楽。種無し/マリファナ(『シンセミア』)と雌しべ/拳銃(『ピストルズ』)に続く――神町三部作を完結させる――植物を示唆するダブルミーニングのタイトル。種無しの雄しべと雌しべによって生まれる新たな生物、マリファナと拳銃が出会う先にある快楽、それを表象するのが本作だ。

『シンセミア』が三人称複数視点によるスピーディな群像劇であり、『ピストルズ』が一人称複数視点による静謐かつ濃厚な語りであったことに対して、本作『オーガ(ニ)ズム』は基本的に、三人称単一視点という非常にオーソドックスかつシンプルな――王道のエンタメ小説のような――手法によって語られる。デビュー以来、阿部和重の大きな特徴の一つとして知られてきた「語りの構造の複雑さ」は、本作ではなりをひそめている。おそらくそれは伊坂幸太郎との共作『キャプテンサンダーボルト』を通じて得た作家としての道具であり、もしかすると、いわゆる「読者にとってわかりやすい文体」という、単なる情報伝達における技術的な論点なのかもしれない。しかしそうした〈複雑でない本作の語り〉は、本作の構造全体も複雑でないことは意味していない。むしろ、語りの構造が平易であり明晰であるがゆえに、事態はこれまで以上に複雑化しており、この語りでしかありえなかった新たな批評性を獲得しているとさえ言えるのだということを、ここでは指摘しておきたい。

 どういうことか。まずは本作のあらすじを確認しよう。

 二〇一四年三月三日月曜日の夜のこと。本作の主人公の一人である小説家・阿部和重の元に、一人の瀕死の白人がやってくる。男の名前はラリー・タイテルバウム。数日前に「ニューズウィークの編集者」として阿部和重に連絡をとっていた男だった。阿部和重はラリーを看病してやり、そこに至った経緯を確認する。ラリーが語るところによれば、本当は彼はニューズウィークの編集者ではなくCIAの職員であり、日本には世界の危機を救いに来たのだという。

文學界 10月号

2019年10月号 / 9月6日発売
詳しくはこちら>>

特設サイトへ
オーガ(ニ)ズム阿部和重

定価:本体2,400円+税発売日:2019年09月26日


 こちらもおすすめ
特集<阿部和重 ロング・インタビュー> アメリカ・天皇・日本 聞き手=佐々木敦 #1(2019.09.24)
特集「純粋物語」の誘惑【作品論】<阿部和重『Orga(ni)sm』を体験せよ>(2019.10.02)
特集占領、偽史、ユダヤ──『Orga(ni)sm』読解の糸口として【作品論】<阿部和重『Orga(ni)sm』を体験せよ>(2019.10.07)
特集『Orga(ni)sm』キーワードをめぐるよもやま話 #1(2019.10.08)
書評〈英雄たち〉の帰還(2017.11.09)
特集『瞬きと瞬き』樋口恭介――立ち読み(2019.08.27)