コラム・エッセイ

“貧困女子”ルポライター初の小説。ノンフィクションとは違う血の滾る執筆経験だった(後編)

鈴木 大介

『里奈の物語』(鈴木大介 著)

>>前編より続く


単純な善意や常識的な理屈は邪魔でしかなかった

『里奈の物語』(鈴木大介 著)

 本書はあくまで小説。ひとりの少女の半生を物語化していく中、当然里奈本人や周囲の人々の「現在」に不都合が起きないよう、事実を改変して書いたり、それまで僕が取材してきた無関係の実在人物や事件を里奈の人生に配してみたりはしている。

 けれども、彼女の発するメッセージは一貫して、改変する余地がないほどに強いものだった。

「売春による稼ぎで居所不定の生活を送る未成年の少女」は、本来保護とか支援とか、児童福祉の対象なのだが、そうした文脈で自分たちが被害者扱いされることに、19歳の里奈は激しい抵抗感を示した。

 それはやはり第一に、そうして自力で生きる少女らが、たとえ自らの性を切り売りし搾取されようとも、たとえ時には暴力の被害など恐ろしい経験をすることになっても、「自分の力」で生きていることを誇りに思い、その場で得られる自由とパワーの中に、それぞれ十代の少女なりの青春を味わっていたからだ。

 少女らの生きる世界の眩しさと逞しさを前に、単純な善意や常識的な理屈は邪魔でしかないのだと改めて思い知った。少女らからすれば、たとえどんなに劣悪な環境であっても、自分の力で奪い取った自由を誰にも侵されたくないのだ。

 もちろんその後の人生のリスクを考えれば、彼女たちが何らかの支援に繋がるべき存在だということは曲げられない。けれど、福祉や支援や制度みたいな四角張った「漢字2文字」と彼女らの間になぜ斥力があるのかは、改めて痛いほどに学ばせてもらった。

【次ページ 女で生まれただけで理不尽で不利な世の中を生きるために】

里奈の物語鈴木大介

定価:本体1,900円+税発売日:2019年11月27日


 こちらもおすすめ
別冊文藝春秋「貧困女子」は、お金があれば救われるわけではない。彼女達が求めているのは、お金ではない「何か」なのだ(2016.10.21)
書評猥雑なアダルト業界の裏側にあるドラマを描く(2010.06.20)
書評憎悪と不寛容の気分に満ちた日本へ(2015.05.27)