本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
元NHK検察担当記者も思わず唸る、リアルを超えた社会派エンターテイメント

元NHK検察担当記者も思わず唸る、リアルを超えた社会派エンターテイメント

文:鎌田 靖 (元NHK解説副委員長 フリージャーナリスト)

『標的』(真山 仁 著)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #エンタメ・ミステリ

『標的』(真山 仁 著)

 私も現役時代にヒラの検事を取材して、ばれたことは何度もあるが、一方で親しくなった検事もいる。親しくなれたきっかけの一つは本書にもあるように、自分で仕入れた情報を提供できた時だ。検事も捜査につながるネタを欲しがっているから会ってくれる。ただ残念ながら、凡庸な記者にはそんな情報はめったに手に入らない。そうなると体育会系のノリだ。「もう来るな」と言われても繰り返し繰り返し通ううちに話をしてくれるようになる検事もいた。また本書では触れられていないが、実はヒラの検事と親しくなる方法がもう一つある。それが人事情報だ。検事も組織の人間だから自分や他人の評価、そして異動情報には強い関心を示す。検察担当記者は最高検察庁も含めて幹部と日常的に接するので、そこで仕入れた人事情報を教えることで親しくなれる。だから検察担当記者は検察人事に詳しくなくてはつとまらない。私自身NHKの人事には疎かったが検察人事は結構詳しかった。社会正義とか「巨悪は眠らせない」とは全く次元の異なる下世話な話だ。

 さて、これまで記してきたように本書に描かれる場面は極めてリアルであり、登場する検察幹部やヤメ検の弁護士を実在の人物と重ねて「あの人に似てるな」と思わずニヤニヤしながらページをめくることもあった。

文春文庫
標的
真山仁

定価:858円(税込)発売日:2019年12月05日

提携メディア

ページの先頭へ戻る