本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
元NHK検察担当記者も思わず唸る、リアルを超えた社会派エンターテイメント

元NHK検察担当記者も思わず唸る、リアルを超えた社会派エンターテイメント

文:鎌田 靖 (元NHK解説副委員長 フリージャーナリスト)

『標的』(真山 仁 著)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #エンタメ・ミステリ

『標的』(真山 仁 著)

 たまに検察官が登場する小説を見かけるときもあるが、これちょっと違うなと違和感を持つこともある。しかし繰り返しになるが、綿密な取材を踏まえて描かれた真山の本作は、登場人物の造形描写が巧みであり、検察担当記者だった私を堪能させてくれた。そしてそれだけでなく時代を象徴するように、越村みやびだけでなく東京地検特捜部長も女性。高齢化社会の住宅問題を取り上げ、マネーロンダリングのためのタックスヘイブンにも言及するなど、現代の事象をとり上げることで本書のリアリティはより高まっていると思う。

 そして実はここからが重要なのだが、本作の素晴らしさはそのリアルさを踏まえ、あるいはそのリアルさを超えてワクワクドキドキするようなエンターテインメントの世界が構築されているということだ。ネタバレは避けるが、本書を読みながら私は「こんな検事がいればいいよな」とか「神林記者、うらやましいなあ」とか何度かつぶやくことがあった。そして時には「こんなことあるかな」というところも。つまり真山はリアルな描写をしつつ知らず知らずのうちに私をフィクションの世界に誘ってくれているのだ。真山はもはや記者ではない。手練れの物語作家に成長している。私たちは本書を開くだけで虚実ないまぜの「真山ワールド」に身を委ねることができるのだ。

文春文庫
標的
真山仁

定価:858円(税込)発売日:2019年12月05日

プレゼント
  • 『星落ちて、なお』澤田瞳子・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/4/9~2024/4/16
    賞品 文庫『星落ちて、なお』澤田瞳子・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る