特集

「逃げたっていいんだ!」つらい時代に、許すことの優しさを。

『駆け入りの寺』(澤田 瞳子)

デビュー以来、骨太な歴史小説を上梓し、最近では奈良時代の天然痘のパンデミックを扱った『火定』が話題となっている澤田瞳子さん。新刊『駆け入りの寺』は江戸時代中期の京都・洛北を舞台に、元皇女の尼と周辺の人を描いた本格時代短篇集だ。その奥深い魅力に触れた、全国書店員の皆さんからの感想をご紹介!


『駆け入りの寺』(澤田 瞳子)

ブックランドフレンズ 西村友紀さん

澤田瞳子先生の『駆け入りの寺』を一気に読了しました。静謐な比丘尼御所の雰囲気と御所ことばに触れて、時間が私の周りだけゆっくり過ぎていくような体験でした。

『逃げる』ことを良しとしないこの世の中で、あえて『逃げる』ことは次の一歩を踏み出す大切なことなのだ、と教えてもらえた気がします。人は人を想うから、傷つけ傷つけられるんだ、だからこそ、許すことは優しさなのだ、という澤田瞳子先生の想いも受け取れたつもりです。

こんな殺伐とした今だからこそ、皆に読んで欲しい柔らかな作品。四季折々の比丘尼御所での生活を疑似体験できる素敵な作品。毎日つらいニュースばかりで気持ちがめげそうでしたが、『駆け入りの寺』に救われました。実際に駆け入りたくなりました。

駆け入りの寺澤田瞳子

定価:本体1,750円+税発売日:2020年04月27日


 こちらもおすすめ
インタビューほか<澤田瞳子インタビュー>悩みを抱えた人々が訪れる京都の尼寺(2020.05.05)
特集澤田瞳子さんが選ぶ10冊【猫小説傑作選】(2019.02.22)
書評奇想の絵師の生涯を描く(2015.06.01)
インタビューほか奇想の画人の知られざる半生(2015.05.20)
書評人の心の美しさを現代に問う小説世界(2016.07.13)