書評

主人公の成長物語を読みながら、自分の中の子どもの部分が何度も疼く。

文: 中江 有里 (女優・作家)

『車夫2 幸せのかっぱ』(いとう みく)

『車夫2 幸せのかっぱ』(いとう みく)

 浅草を訪ねると、よく見かける人力車。

 一度乗ってみたいと思いつつ、一人で乗る勇気はなく、誘う人も思い浮かばず、乗っている人たちを眺めるだけだった。でも本書を読んでいると、俄然人力車に乗っている気分になってくる。

 勝手な想像だが、人力車は乗馬に近いような気がする。馬は人が操るが、人力車は引き手である車夫が操る。

 ちなみに馬の場合は心通じ合わない乗り手の言いなりにはならない。

 人力車=俥は馬のような生き物ではないが、やっぱり操る側の腕(この場合は脚)がものを言うのだろう。乗客が快適に移動できるように、振動は最小限に、疾走感は失わないよう車夫は気を配りながら浅草を駆け巡る。

 主人公の車夫・吉瀬走は、家庭が崩壊したことから高校を中退し、車夫として就職した。彼を誘った陸上部OBの前平も車夫。

 勤め先の「力車屋」には前平のほかに山上、羽柴(ヒデさん)という車夫がいる。親方で車夫でもある神谷力、女将の琳子は個性豊かな「力車屋」のまとめ役というところ。

 両親が出奔して、学費を払えず高校を辞め、行き場を失った走は力車屋の社員寮「日暮荘」に住まうことになる。この辺りの事情は前作「車夫」に詳しいが、本書から読み始めても全く問題ない。

車夫2いとうみく

定価:本体790円+税発売日:2020年05月08日


 こちらもおすすめ
書評少年は走る──生きるために。その姿は小説を描き続ける筆者に重なるのだ。(2019.10.30)
書評父から子に記憶を語り継ぐということ――佐藤優が村上春樹『猫を棄てる』を読む(2020.04.23)
インタビューほか<東山彰良インタビュー>猥雑で愛すべき“ぼくの街”を書いた(2019.12.09)
インタビューほか<松葉屋なつみインタビュー>秘密を抱えた少女が“鬼”に立ち向かう、冒険活劇(2019.12.05)
インタビューほか青年は真実に辿り着けるのか──(2019.11.07)