本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
対談 円城塔×小川哲 いまディザスター小説を読む<特集 “危機”下の対話>

対談 円城塔×小川哲 いまディザスター小説を読む<特集 “危機”下の対話>

円城 塔 ,小川 哲

文學界8月号

出典 : #文學界

「文學界 8月号」(文藝春秋 編)

 円城    そういえば最近、リチャード・プレストンの『ホット・ゾーン エボラ・ウイルス制圧に命を懸けた人々』(ハヤカワ文庫)が復刊されましたけど、あれって一九九四年刊だったんですね。もっと昔に出たものだと思い込んでいて、エボラって意外と最近の話だったんだなと驚きました。あの本が出たくらいから、みんなエボラ、エボラ言うようになって、パンデミックを扱った作品が増えていった印象があります。みんな『ホット・ゾーン』と混同してしまいがちな、ウォルフガング・ペーターゼン監督の映画『アウトブレイク』も同時期でした。

描き方のフォーマット

 小川 率直に思ったのは、SF作家がデザインしたウイルスが、全世界、あるいはある特定の地域で流行して人類が窮地に立たされる――みたいなフォーマットの小説って、思っていたほどたくさん数があるわけではない。

 円城 実は書きにくい。

 小川 だから、いざ挙げてみろと言われると、近年の作品だとゾンビものばかりになってしまう。

 円城 あるいはノンフィクション系か。

 小川 それこそ、さっき挙げたジャレド・ダイアモンドの『銃・病原菌・鉄』なんかは、その系譜としても読めますね。


(五月二十九日、Zoomにて収録)

構成 辻本力


えんじょう・とう 一九七二年生まれ。二〇〇七年「オブ・ザ・ベースボール」で文學界新人賞、一二年「道化師の蝶」で芥川賞、一七年「文字渦」で川端賞を受賞の他、受賞多数。他の著書に『プロローグ』『シャッフル航法』など。

おがわ・さとし 一九八六年生まれ。二〇一五年「ユートロニカのこちら側」でハヤカワSFコンテストにて大賞を受賞してデビュー。一七年の『ゲームの王国』で日本SF大賞、山本周五郎賞を受賞。他の著書に『嘘と正典』がある。

 

この続きは、「文學界」8月号に全文掲載されています。

文學界 8月号

2020年8月号 / 7月7日発売
詳しくはこちら>>

プレゼント
  • 『一人称単数』村上春樹・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2023/02/07~2023/02/14
    賞品 『一人称単数』村上春樹・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る