コラム・エッセイ

作家の羽休み――「第17回:葛湯ダイレクトマーケティング」

阿部 智里

作家の羽休み――「第17回:葛湯ダイレクトマーケティング」

 突然ですが、私は胃腸が弱いです。体調が悪くなると、真っ先に弱いところに症状が現れます。

「お腹がぐるぐるする! ヤバイ、薬を飲まなくては!」

 そう思って急いで薬を水で飲み下したところ、その直後にリバースし、ますます体調が悪化してしまったという本末転倒なことが過去に何度かありました。

 胃腸炎の際には熱も出るので水分補給が必要なのですが、お医者さん曰く、水を勢いよくごっくんするとそれ自体が刺激になってしまうとかで、スプーンでひと匙ずつ飲み下すことを勧められたのです。水すら飲めない時にご飯が許されるはずもなく、喉渇いたなあ、お腹減ったなあと思いながら白湯をペロペロ舐め続けるのは、中々に辛いものがありました。

 そんな時、唐突に飲みたくなったのが「葛湯」でした。

 生姜湯よりも癖がないので飲みやすく、熱くてとろとろなので、冷めるのを待っているうちに自然と口に運ぶペースもゆっくりになります。甘くておいしい上に、一杯でもお腹に入れると想像以上の満腹感が得られました。

 最近では片栗粉を配合する場合が多いようですが、葛根湯の原材料である葛の粉が入っていますから、風邪の時などにも良いようです。少なくとも私の体質に葛湯は合っていたようで、以来、体調不良の時用に必ず葛湯のパックを常備するようになりました。

 カロリーがカロリーなので日に何杯も……というわけにはいかないのですが、締め切り前の切羽詰まった状態の時も葛湯は大活躍します。

【次ページで、阿部家オリジナルの葛湯をご紹介】

この作品の特設サイトへ
楽園の烏阿部智里

定価:本体1,500円+税発売日:2020年09月03日

烏百花 蛍の章阿部智里

定価:本体660円+税発売日:2020年09月02日

弥栄の烏阿部智里

定価:本体700円+税発売日:2019年05月09日

玉依姫阿部智里

定価:本体700円+税発売日:2018年05月10日

空棺の烏阿部智里

定価:本体720円+税発売日:2017年06月08日

黄金の烏阿部智里

定価:本体700円+税発売日:2016年06月10日

烏は主を選ばない阿部智里

定価:本体720円+税発売日:2015年06月10日

烏に単は似合わない阿部智里

定価:本体720円+税発売日:2014年06月10日


 こちらもおすすめ
コラム・エッセイ作家の羽休み――「第16回:マニキュア事件」(2020.10.02)
インタビューほか『楽園の烏』装画はこうして生まれた!(2020.10.12)
インタビューほか「“貯金”を崩していけば先細りするしかない」待望の新章スタート! 累計150万部突破「八咫烏シリーズ」の魅力とは(2020.09.28)
インタビューほか<阿部智里インタビュー>「この3年間は、受験生の夏休みのようでした」――『楽園の烏』刊行秘話(2020.09.11)
特集第2部から読んでも大丈夫? 「八咫烏シリーズ」最新作『楽園の烏』を書店員さんが試し読み!(2020.09.05)