本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
ふたりがこの世界に現れていなければ、愛するプロレスを手放すところだった

ふたりがこの世界に現れていなければ、愛するプロレスを手放すところだった

文:西 加奈子 (作家)

『2011年の棚橋弘至と中邑真輔』(柳澤 健)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #ノンフィクション

プレゼント
  • 『一人称単数』村上春樹・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2023/02/07~2023/02/14
    賞品 『一人称単数』村上春樹・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る