本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
業界関係者騒然! 温泉旅館を「覗いた」禁断の書!? 『女将は見た』著者・山崎まゆみインタビュー

業界関係者騒然! 温泉旅館を「覗いた」禁断の書!? 『女将は見た』著者・山崎まゆみインタビュー

聞き手:Voicy 文藝春秋channel


ジャンル : #趣味・実用

温泉エッセイスト・山崎まゆみさん。最新刊『女将は見た』をもとに、温泉旅館の女将さんについて色々とお話しいただきました。

(放送はこちら)
https://voicy.jp/channel/1101/111697


『女将は見た 温泉旅館の表と裏』(山崎 まゆみ)

村井(以下 m):こんにちは。文藝春秋の村井です。本日の文藝春秋channelはゲストの方にいらっしゃっていただいています。温泉エッセイストの山崎まゆみさんです。山崎さん、よろしくお願いします。

山崎(以下 y):よろしくお願いします。

m:山崎さんは先日、文春文庫より『女将は見た 温泉旅館の表と裏』という本を出版されました。今日はこの本を中心に、寒い季節でもありますので温泉の専門家でもある山崎さんにいろいろと温泉旅館のお話をお聞きしていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

y:よろしくお願いします。

m:山崎さんはこれまで温泉のご本をたくさんお書きになっておられますけれども、女将というところに着目されたのが一つ新しいポイントかなと思いますが、温泉旅館の女将さんに注目しようというアイデアは結構前からお持ちだったんでしょうか。

y:はい。いつか女将という方々に注目した本を、と思いながらも、なかなか書けずにおりまして。10年温めて『女将は見た 温泉旅館の表と裏』の担当編集者に背中を押していただき、書くに至りました。

m:私も大変面白く読ませていただいたんですけれども、女将さんが考えてることだったり、普段どのようなお仕事をされているのかということは、案外泊まっている立場だとわからないものですよね。その辺りが見えたのが面白かったんですが、山崎さんはいろんな温泉に行かれる中で女将さんの働き方や動きというのにこれまで注目をされていたのですか。

y:働き方を注目というよりも、実は『女将は見た 温泉旅館の表と裏』のまえがきにも書かせていただいているのですが、2009年にVISIT JAPAN 大使としてパリに行った際、ご一緒した新潟県湯田上温泉「ホテル小柳」の女将の野澤奈央さんから、女将になった背景を聞いたんです。彼女は旅館の娘として生まれ育ち、結婚するには旦那さんに婿さんに入ってもらって旅館を継ぐ、家業を継いでいくというバックグラウンドを持っているんですけれども――彼女が味噌ラーメンを食べながら「ただ単に結婚するのではなくて、旦那になる人には宿の借金の連帯保証人として印鑑をついてもらうことが女将の一つの宿命」みたいなことを話して。女将さんって大変だなーって思ったのと、表情豊かに涙も交えてお話しした直後に「でもね、女将って女の将軍って書くんだよ」とニコッと笑われて、そこにいろんな物語がありそうだなーと興味を持ったのがきっかけでした。

m:今回この本にはたくさんの女将さんが出て来られますけれど、まず表紙に写っているすごく美人の女将さん、これは福島県の二本松にある温泉の……。

y:岳温泉「花かんざし」の女将の二瓶明子さんです。

女将は見た 温泉旅館の表と裏
山崎まゆみ

定価:本体650円+税発売日:2020年12月08日

ページの先頭へ戻る