本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
降伏か、本土決戦か。8・15をめぐる攻防が始まる! 漫画界のレジェンドが新解釈で描く運命の24時間『日本のいちばん長い日』ほか

降伏か、本土決戦か。8・15をめぐる攻防が始まる! 漫画界のレジェンドが新解釈で描く運命の24時間『日本のいちばん長い日』ほか

漫画界のレジェンドが新解釈で描く運命の24時間

『日本のいちばん長い日』(半藤一利 星野之宣)

降伏か、本土決戦か。8・15をめぐる攻防が始まる! 半藤一利の傑作ノンフィクションを、SF伝奇漫画の巨匠・星野之宣が鮮烈コミカライズ。

敗色が濃い昭和20年夏。連合国によるポツダム宣言をめぐり、受諾派と徹底抗戦派との間で鈴木貫太郎内閣の意見は真っ二つに分かれていた。無条件降伏を主張する米内海軍大臣と東郷外務大臣に対し、阿南陸軍大臣と梅津参謀総長は「国体護持」の堅持を訴え、一歩も譲らない。

広島への原爆投下、ソ連の参戦と徐々に追い詰められるなか、いよいよ昭和天皇の“聖断”を仰ぐことに。一方、降伏を認めない陸軍将校らによるクーデター計画が、水面下で進んでいた。

すでに二度も映画化されている終戦を巡るドラマを、コミカライズ版では幕末の「尊皇攘夷」思想から説き起こす。天皇を切り札に討幕を進めた薩長は、明治維新後も陸海軍を掌握。統帥権の名のもとに、軍を議会や内閣から独立した存在であり続けさせた。いわば“玉”を抱え込んだのだ。

皇太子時代に第一次大戦の戦跡を訪れた昭和天皇は、戦争の悲惨さを痛感する。だが、大陸進出を押し進める軍部の膨張は歯止めがきかない。満洲事変、二・ニ六事件、日米開戦……連綿と続く軍部と天皇との緊張関係を軸に、終戦の日のドラマが幕を開ける──。

くわしく見る


発売ラインナップ (2022/7/17~2022/7/23)

発売日のリンクをクリックするとGoogleカレンダーの登録画面が表示されます

  • タイトル
    日本のいちばん長い日(上)
    著者名
    半藤一利 星野之宣
    発売日
    2022/07/21
    作品紹介
    漫画界のレジェンドが新解釈で描く運命の24時間
    聖断によるポツダム宣言の受諾、終戦の詔書の録音、宮城事件の勃発。降伏か本土決戦か、天皇と軍部との8・15を巡る攻防が始まる!
  • タイトル
    日本のいちばん長い日(下)
    著者名
    半藤一利 星野之宣
    発売日
    2022/07/21
    作品紹介
    漫画界のレジェンドが新解釈で描く運命の24時間
    聖断によるポツダム宣言の受諾、終戦の詔書の録音、宮城事件の勃発。降伏か本土決戦か、天皇と軍部との8・15を巡る攻防が始まる!
  • タイトル
    ジョン・フォード論
    著者名
    蓮實重彦
    発売日
    2022/07/21
    作品紹介
    蓮實映画批評の金字塔
    「西部劇の巨匠」というレッテルからジョン・フォードを解き放ち、画面を見つめる快楽にひたすら誘惑する。スチール写真多数収録。
  • タイトル
    マンガ大地の子 1
    著者名
    山崎豊子 かんようこ
    発売日
    2022/07/22
    作品紹介
    戦争で引きさかれた父と子。不朽の傑作をコミカライズ
    1966年、中国では文化大革命の嵐が吹き荒れる。日本人であるが故に内モンゴルの労働改造所へ送られた陸一心の運命は?
  • タイトル
    マンガ大地の子 2
    著者名
    山崎豊子 かんようこ
    発売日
    2022/07/22
    作品紹介
    国交正常化から50年。日中関係を知るのに最良のコミック
    中国の養父の恩愛で救われた一心は、日中共同の製鉄所建設に加わった。日本側の事務所長・松本は、かつて満蒙開拓団にいたのだがー。
プレゼント
  • 『グローバルサウスの逆襲』池上彰・佐藤優 著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/4/19~2024/4/26
    賞品 新書『グローバルサウスの逆襲』池上彰・佐藤優 著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る