本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
「勇気をくれる物」「自分の世界と通じている」。伊与原新さんの青春科学小説『宙わたる教室』を現役高校生がリアルに読んだ!

「勇気をくれる物」「自分の世界と通じている」。伊与原新さんの青春科学小説『宙わたる教室』を現役高校生がリアルに読んだ!

『宙(そら)わたる教室』(伊与原 新)


ジャンル : #エンタメ・ミステリ

『宙わたる教室』(伊与原 新)

高校生自身が直木賞候補作を読み、議論しながら「自分たちの一作」を選び出す「高校生直木賞」。全国の本好きの高校生たちが、一堂に会した熱い選考会の末、これまで伊吹有喜さんの『雲を紡ぐ』、加藤シゲアキさんの『オルタネート』、逢坂冬馬さんの『同志少女よ、敵を撃て』、凪良ゆうさんの『汝、星のごとく』などを、受賞作に選んできています。

そこで、発売直後から話題を集めている、定時制高校を舞台にした伊与原新さんの青春科学小説『宙わたる教室』を、高校生直木賞参加校の生徒さんたちに読んでいただきました。等身大の作品への率直な感想をお届けします。(第3回/全3回)


三輪田学園高等学校 田代斗和子さん
読み終わった後になんとも言えぬ、爽快感がうまれました。
どこか身近なような、私たちとは遠く離れているようなそんな感覚。
同じ高校生でも私とは違う高校生たち。少し専門的な言葉もわかりやすい言葉で表現されていて、少し賢くなった気分がしました。
読み終わった後、作品に出てきた単語を調べ、実際に写真を見て「小説に出てきたやつだ!」と小説の世界と自分の世界が繋がっている感覚になりとても嬉しく思いました。普段は見ない星も、小説を読み終わったあと見てみたりもしました。
小説を読んで知らない世界を知ることはあっても、自分の世界と通じていると感じることは滅多にないと思っています。友人にも勧めたい一冊です。

実践女子学園高等学校 齋藤果連さん
定時高校を舞台にしていて、様々な年齢、仕事をしていて、十人十色で最初はバラバラだった皆さんが段々お互いのこと知っていく様子は胸がいっぱいになりました。 そして実験のシーンは素人の私でもすごく楽しいかったです! 私は高校生でまだやりたいことが明確には決まっていなかったのですがこの本を読んで、「好き」を見つけたくなりました!

国際基督教大学高等学校 小島千穂さん
読んでいて、初めは不良少年達の更生物語かと軽く考えていましたが、読み進めるうちに変わりたくても変われないもどかしさをひしひしと感じ、胸が熱くなりました。
また明日からの地学基礎の授業が楽しみになりました。これからも科学のおもしろさを、わたしのような文系人間にも小説を通して教えてください!
どんな境遇でも、いくつからでも意欲さえあればなんでもできるという力強いメッセージにはげまされました。

向上高等学校 古川優萌さん
何か一つのことに一生懸命取り組むことのすごさを知ることができたと思いました。
過去や現在で困難がたくさんありながらも、目標に向かって一生懸命生きることで自然と仲間が増えていく。
一人ひとり色々な事情を抱えながらも自分のやりたいこと興味あることに真っ直ぐ向き合っていく姿が印象的でした。

三輪田学園中学校 鈴木千尋さん
それぞれ年齢も性格も定時制の高校に入学した理由も全く異なるのに対し、理科の実験を通してお互いを分かり合えていて本当にすごいと思った。
だんだんみんなの仲が深まっていく様子が見ていて楽しい。そして、理科の勉強にもなるので学習としても活用してみたい。
私は科学が大好きです。この素晴らしい本に出会えたことをきっかけに、さらに知識を増やして行きたいと思いました。

向上高等学校 田部井遥さん
定時制高校についてあんまり詳しく知りませんでしたが、思っていた以上に詳しく書かれていたのでとても分かりやすかったです。
実験のシーンも面白かったです。私は理系ではありませんが実験だけが好きだったので、学校では習わないことが知れて面白かったです。

立命館慶祥高等学校 佐々木希さん
年齢も、学校の仕様も、周囲の環境も、すべて一般的な青春とはかけ離れているのに、たしかに青春を感じました。
周囲の環境が違い、そして価値観も大きく異なる定時制高校の生徒たちだからこその、これからどうなるのかわからないワクワク感がありました。
違いによる成功も挫折も、すべてが優しく描かれていて、美しかったです。
実験の描写も、まるで自分がそこにいて共に行っているかのようにわかりやすく、するすると読めました。地学はあまり好きではなかったのですが、この小説を読んで惑星に興味を持ち、さらに何かに挑戦したいという勇気をもらいました。
自分も何かを成し遂げたい、そんな勇気をくれる物語でした。

三輪田学園高等学校 市村音葉さん
率直に言ってとても面白かったです。
定時制高校で生徒それぞれが抱える悩みを科学クラブという場で、本人にとってより良い方向になっていくストーリーが良かったです。
私は、初めて伊与原さんの作品を読みましたが、すぐにファンになりました。本を読んで、地学分野の知識(それはなぜ青いのか)が深まって嬉しかったです。

浦和第一女子高等学校 岡井みのりさん
個性豊かな登場人物たちを見ているうちに、自分とはどのような存在なのか考えることができました。 世間一般的に「普通」と言われる生活を送る私が、「普通でない」と言われる人たちのことをどのように思っているのか、自分の本心に気づけた気がします。

三輪田学園中学校 下川心寧さん
定時制高校は年齢も話題も過去の出来事も、知らない同士の生徒たちが自分のやりたかったことをしようとするために通う場所で、4人の生徒の自分がどうしたいかの気持ちが入り混じりながらも、火星のクレーターを作るという目標に向かって、まっすぐに突き進んで行く青春物語。全日制ではなく、定時制にしか表現ができないことをここまで細かくかつ繊細に表現できるのはすごいとただただ感心しています。


高校生直木賞をフォローして高校生を応援しよう

高校生直木賞をフォロー

単行本
宙わたる教室
伊与原新

定価:1,760円(税込)発売日:2023年10月20日

電子書籍
宙わたる教室
伊与原新

発売日:2023年10月20日

プレゼント
  • 『宗教を学べば経営がわかる』池上彰 入山章栄・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/7/19~2024/7/26
    賞品 『宗教を学べば経営がわかる』池上彰 入山章栄・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る