書評

「婦女能頂半辺天」――淑女・美女・猛女・女傑が私を鍛えた

文: 佐々 淳行

『私を通りすぎたマドンナたち』 (佐々淳行 著)

「マドンナ」というと、アメリカの女性歌手で、セックス・シンボルともいわれたマドンナさんや、土井たか子氏が党首だった時の参議院選挙(一九八九年・平成元年・七月)で、与野党逆転の社会党を大勝に導いた「マドンナ旋風」を想起される方もいるかもしれない。土井さんのことは本書でも俎上にのせるが、「マドンナ」とは本来の意味は「聖母マリア」である。

 本書でも、文字通り、そうした意味での「マドンナ」とも呼ぶべき女性が登場する。

 また、いい意味で「男まさり」の女傑とも呼ぶべき「マドンナ」にも触れている。「猛女」ともいうべき「マドンナ」も出てくる。前著との関連で、「女性政治家」や「政治家夫人」にも言及するが、さまざまな分野で活躍し、私をいろいろと導いてくれた「年上の女性」や、また論敵ともいうべき「フェミニスト」や「進歩的な女性論客」なども登場してくる。

 中には故人もいるが、こうした何十人ものマドンナ――淑女・美女・猛女・女傑が、さまざまな意味で私を厳しく鍛えてくれたのだ。あらためて感謝申し上げたい。

 言うまでもなく、人間の半分は女性である。

 毛沢東は「婦女能頂半辺天」(女性が天の半分を支えている)とよく語っていたという。共産主義者としての彼の統治には文革など、間違いが多々あったが、この言葉には嘘はない。これから先の日本の将来も、安倍晋三首相も力説しているように、天の半分を支えている女性の活躍なくしてありえないだろう。

 とはいえ、毛沢東といえば、その奥さんの江青を忘れてはならないが、彼女ら「四人組」が猛威をふるったあと失脚した時、中国では「雌鳥(めんどり)歌えば家滅ぶ」といわれたものだ。

 雌鳥が雄鳥(おんどり)に先んじて時を告げるのは不吉な兆しだということで、妻が夫を出し抜いて権勢をふるうような家はうまくゆかず、やがて滅びるという中国古来から伝わる譬えだ。だが、それもケースバイケースであろう。下手な男より、女性がはるかにしっかりしている例は幾らでもある。日本の首相や会社の社長に女性がなっても何の問題もあるまい。

 私には娘はおらず、男ばかり三人生まれた。孫には女性もいる。

 この世代がちゃんとやっていける日本を維持しつづけるためにも、「老兵」の忌憚(きたん)なき思い出話も役に立つのではないかと考え、重い腰をあげて、「ラストメッセージ」「最後の告白」をまとめることにした。

  二〇一五年(平成二十七年)  六月

(「序言」より)

私を通りすぎたマドンナたち
佐々淳行・著

定価:本体1,500円+税 発売日:2015年07月29日

詳しい内容はこちら


 こちらもおすすめ
書評佐々淳行(初代内閣安全保障室長)が見た 戦後の政治家 ベスト5 ワースト5(2014.08.28)
書評惜しい! こんな女性を死なせて(2009.07.20)
インタビューほか現職の内閣参与が 政治の舞台裏を語り尽くした(2014.01.24)
文春写真館あさま山荘事件余話(2008.12.01)
書評占領軍を手玉にとり、CIAと渡りあった男(2013.02.28)