書評

改稿によって立体的に見えてきた──東野圭吾「ガリレオ」シリーズの特色

文: 千街 晶之

『禁断の魔術』 (東野圭吾 著)

『禁断の魔術』 (東野圭吾 著)

「ガリレオ」シリーズは最初は短篇連作としてスタートしたが、それらの作品は、物理学を中心とする該博な知識を持ち合わせた湯川が、友人である草薙俊平刑事の相談に応じるかたちで、超常現象としか思えない怪事件の謎を鮮やかに解いてゆくというフォーマットに従って書かれていた。一方、『容疑者Xの献身』『聖女の救済』『真夏の方程式』と続く長篇では、科学的トリックはあまり重視されておらず、むしろ人間の心理にまつわる謎がメインとなっている。そして、これらの長篇が書かれたことによって湯川のキャラクター造型は当初の冷静な超人的天才から変化し、事件との関わりで苦悩する姿も描かれるようになり、草薙をはじめとするレギュラー陣との関係にも起伏が生まれた。

『禁断の魔術』は科学的トリックが使われている一方で、湯川とかつての教え子との人間ドラマでもあり、「ガリレオ」シリーズの短篇・長篇双方のカラーを取り入れた作品と言える。その試みを成功させるには、「猛射つ」の中篇の分量は半端だったのかも知れない。長篇版のストーリー展開自体は中篇版と同じではあるけれども、登場人物たちの描写は、譬えるなら昔ながらのブラウン管テレビの映像を液晶テレビに進化させたくらいに立体的になっている。被害者の長岡が取材していたスーパー・テクノポリス計画をめぐる関係者たちの感情なども詳しく書き込まれているし、原型ではステロタイプな悪役という印象だった大賀代議士も性格に膨らみが与えられた。もちろん、クライマックスの湯川と伸吾、そして草薙や内海薫刑事たちのやりとりに至るまでの経緯も緊迫感を増した。科学は扱う人間の心次第であり、邪悪な人間の手にかかれば禁断の魔術となる――という湯川の教えと、最後に背負おうとした彼自身の責任は、これまでに発表されてきた「ガリレオ」シリーズ全体を思い返すことで更に重みを増すに違いない。

禁断の魔術東野圭吾

定価:本体660円+税発売日:2015年06月10日


 こちらもおすすめ
書評かつてない復讐劇──中江有里が6年ぶりのガリレオシリーズを読む 中江有里が『沈黙のパレード』(東野圭吾 著)を読む(2018.11.22)
ニュース東野圭吾「ガリレオ」シリーズの最高傑作は? 白熱のアンケートを一部紹介! (2018.10.11)
インタビューほか短編小説を長編に大改稿──ついに誕生した最高の「ガリレオ」(2015.06.10)
書評ガリレオ最新刊は2冊分のボリューム──シリーズの変遷が垣間見える短篇集(2015.03.24)
インタビューほか映画「真夏の方程式」のプロデューサーに聞いた「活字の力、映像の魅力」(2013.06.05)
書評担当編集者が語るガリレオ短編の最高峰(2012.10.12)
インタビューほか東野圭吾インタビュー 正統派ミステリーとしては僕の最高傑作です(2005.08.20)
書評シリーズ初の全作書き下ろし(2012.10.29)